ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

菅原小春 レッドカーペットで10億のジュエリーを…

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE金曜23時30分からの番組「SUGAR WATER」(ナビゲーター:菅原小春)。6月3日のオンエアでは、先日訪れた「第69回カンヌ国際映画祭」とロンドンの滞在記をお話しました。

カンヌ滞在の1日目は、世界中の俳優やセレブな人たちが集まるパーティーが開催され、菅原もレッドカーペットを歩いて参加したそうです。

「まわりに俳優さんや女優さんがたくさんいたんです。いろいろな方にお会いしてお話したり、その間にも撮影をしたりしていました。でも、パーティーの間は、自分でも何が起きているのかわかりませんでした(笑)」(菅原、以下同)

というほど、夢のような時間だったよう。2日目はショーン・ペン監督を迎えて「ザ・ラスト・フェイス」を鑑賞。作品の完成度の高さに菅原は衝撃を受けたそうです。

「アフリカの内戦を背景に、国連難民キャンプで働く人々を描いた映画で、あまりのリアルな描写に『見たくない』と思ってしまった自分の汚さが悲しくなりました。それと同時に、それをアートとして作っている人たちのディテールを見て、レベルが違いすぎて、衝撃を受けました。

自分はやりきってるつもりだったけど、もっとできるし、やらなきゃダメだなって。もっと自分が持っているものを、人に伝えられる人にならないとダメだと思いました」

と自ら奮い立たせていました。ところで、初めてレッドカーペットを歩いた感想はというと…

「レッドカーペットは、一瞬で終わっちゃって(笑)。自分をアピールする、『自分を見て』っていう感じで勝負の場であったり、チャンスの場であったりすることを1日目も2日目も感じて、自分にはそういうオーラや表現力が足りないと思い、勉強になりました」

とのことですが、菅原は超豪華なドレス姿でレッドカーペットに登場していました。

「10億円もするショパールのジュエリーを身につけて、アルマーニのドレスを着させてもらって、ボディーガードもついてたんですけど、それは私をガードするんじゃなくて、ショパールのジュエリーを守ろうとしていたんです(笑)」

いすれにしても、本当に気持ちの良いレッドカーペットだったそうです。その後、ロンドンに移動してワークショップを開催。とはいえ、その時間以外はロンドンの街を大いに満喫したそうです。

「ロンドンではインスピレーションを受けたいと思って。いろんなところに行って、いろんな人とご飯を食べたりして好きなことをやりました。『高校生じゃないんだから!』って言われそうな過ごし方で、くだらないけど必要な時間を過ごしました」

マーケットで売っていた塩キャラメルアイスと食べたところ、非常においしくて、「ただの塩キャラメルじゃない!」と感動したそうです。翌朝、もう一度マーケットに行ってアイスで“乾杯”したとか。

カンヌ国際映画祭の模様は、「SUGAR WATER」オフィシャルサイトで公開されているほか、6月28日発売の雑誌『エル・ジャポン』でも特集される予定です。次週6月10日は番組初のゲストとして、作家の西加奈子さんが登場。お聴き逃しなく!

【関連サイト】
「SUGAR WATER」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/sugarwater/

菅原小春 センターに立てないダンサーへのアドバイス(2016年05月07日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/05/post-1533.html

菅原小春は「風呂で泣く」…その理由とは(2016年04月16日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/04/post-1395.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP