ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ターンテーブル&ミニバー搭載!レコードをおしゃれに収納できる家具で、素敵な音楽ライフを

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「人気再燃」なんてニュースを目にすることが増え、パナソニックが発売した35万円のプレーヤーが30分で完売するなど、ブームが加速している感のあるレコード。でも、意外と収納に困るんですよね。「EGB2」は、レコードで音楽を楽しむ人へ向けたコンソールです。

見た目も機能も充実!

ミッドセンチュリーにインスパイアされた、ちょっと昔っぽいデザインがクールですよね。アメリカンウォルナットの色もシブくていい感じ。とはいえ、ハンサムなのは見た目だけではありません。

ターンテーブル、カスタムデザインされた2ウェイスピーカーシステム、アンプ内蔵。この美しさと機能でもう素敵すぎるのですが、100wのサブウーハーと3バンドトーンコントロールも備えているので、音質にこだわる人も納得なのでは。AirPlayにも対応、レコードは150枚収納OKとかなりできるヤツ。


しかも、ミニバー付き!グラスは4個付いているので、お酒を飲みながら好きなレコードを聴くなんてことも。ちなみにお酒は4本まで収納可能。

音と家具、
2人のプロによる「作品」

デザインしたのはDanielさんとJenniferさんご夫妻による「LUNO」。旦那さんはサウンドエンジニアとして20年以上の経験があり、奥さんはカスタム家具ビジネスを展開しているそう。

自分たちのレコードコレクションを収納する、見た目も音もいい家具を探していたのですがなかなかいいものがない。それなら、と自分たちで作ってしまったのがきっかけで、このブランドを立ち上げたのだそう。ミュージックラバーだからこそ、デザイン良し、機能良しと至れり尽くせりなこのコンソールを生み出せたのかもしれませんね。

価格はすべて受注生産のため、仕様によって変わってくる模様。気になる人はこちらから問い合わせを。

Licensed material used with permission by LUNO

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP