ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「瓦」の新しい楽しみ方を提案するブランドが誕生。実はインテリアにも馴染むらしい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本において約1,400年の歴史を持つ「瓦」は、単に風雨から建物を守るための手段ではなく、他では生み出せない独特の銀色が魅力。強さと美しさを兼ね備え、日本の美しい街並みをつくってきた存在と言えるでしょう。

この日本独自の色「いぶし銀」の美しさを活かし、現代のライフスタイルに溶け込みやすいデザインと機能性に優れたアイテムを開発したのが「icci KAWARA PRODUCTS」。山梨県の100年企業が、クリエイターとともに瓦の新しい楽しみ方を提案しています。

「瓦」から「kawara」へ

同ブランドは、今年で創業100年を迎えた有限会社一ノ瀬瓦工業が、メディアクリエイターのハイロック氏をアートディレクターに起用し誕生した瓦ブランド。コンセプトは、「日本のヒトカケラを屋根の上からテノヒラの上に」。そこには、屋根だけでなく、より身近なところでも瓦に触れてもらいたいという想いが込められているそう。


気になるアイテムは、コースターやトレイ、 ボウルなど日常生活で手軽に使えるスタイリッシュで機能的なものから…、

サイコロやバナナ、 りんご、ドルマークといったインテリアやアートとして楽しめるものまで幅広くラインナップ。

瓦のあるライフスタイルって
きっとこんな感じ。







2016年6月5日(日)より、第1弾として全16種のアイテムをオンラインストアにて発売開始。テノヒラの上に「kawara」のある生活、ちょっと粋かも!

Licensed material used with permission by icci KAWARA PRODUCTS

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP