体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【第5講】夢のための努力は君を裏切らない。ロンブー淳が語る、努力と夢の関係。

2016年3月29日、幕張メッセにて、体験型ティーンズフェス「超十代」が開催されました。様々なコーナーやイベントが催される中、ひときわ人気を博していたのが、ロンドンブーツ1号2号のメンバー・田村淳さん(以下、淳)によって開講された「あつし塾」。学校では教えてもらいえない、〝大人になるために大切な物事〟を伝える私塾です。生徒役として登壇したmimmamさん、鈴木優華さんを始め、お客さんからも質問が飛び出し、淳さんの持論が展開されました。これまで数々の夢を叶えてきて、今でも夢を持ち続けているという淳さんの言葉に、瞳を潤ませる一幕も。その模様を一部お届けいたします! 第5講

先生:田村淳

生徒:mimmam、鈴木優華

小さな夢と、大きな夢を持つこと。

鈴木優華:私は今non-noに出させていただいているんですけれど、いつかその表紙を飾りたいなという夢を持っています。

淳:それはすごい完璧な夢だね!

人はいつか死ぬじゃない? みんな生まれてから、死に向かって時間は進んでいってる。これだけがすべての人に共通している。俺は今42 歳だから、人生が80年だとするならばもう半分くらいまでは来てる。その流れていく人生の中で、どう夢を建てるかが大切。

小学校、中学校、高校、大学とありますが、だいたい大学を出たあたりから夢を考え始めますよね。そこからの大きな夢、中期的な夢、短期的な夢、それぞれの中間。時系列的に夢の種類をたくさん持ってた方が良いと思います。5年後はこうなっていたい、40代くらいはこう、死ぬまでになんとなくこんな感じになってたらいいなっていう大きなものとかね。

表紙になりたいという夢はすごく近い夢だよね。それが叶ったらすごく嬉しいけど、残念ながら叶わずに過ぎていく場合もある。そしたら、そこでネガティブにならずに、次の夢を目指していける。だから夢の種類は多い方が良い。

いろいろな小さな夢から大きな夢まで、自分だけのノートに書き上げてみてください。俺も持ってる。奥さんも見ない、自分だけのノート。俺と向き合うためのノート。そこには俺のやりたいことが山ほど書いてあって、頭の中を整理するときにそれを使います。自分と向き合うために、ノートにたくさん夢を書いて欲しいです。

夢の実現のため、必要なことをしらみつぶしにクリアしていこう。

淳:お客さんの中で、何か質問や相談はありますか? はい、そこの方!
1 2次のページ
スタディサプリ放課後版の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy