ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

韓国紙 日本の豪潜水艦受注敗退や東京五輪を腐しまくる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 まるで「日本の不幸は蜜の味」。日本が失敗すれば嘲笑い、成功すれば難癖をつける。それが韓国メディアの報道姿勢だ。在韓ジャーナリスト・藤原修平氏が韓国紙の社説やコラム記事から、その傾向を分析した。

 * * *
 ここ数年、韓国では、「我が国の品格を貶める行為を慎むべき」という風潮が急速に広がりつつある。その一環で、「他国を罵ったり、嘲笑するのは恥ずべきこと」という意識が、遅まきながら国民に浸透しはじめたのだ。

 しかし、相手が日本となると、韓国人は一瞬にして理性を失ってしまうことがよくある。反日報道の源泉が日本への畏怖と嫉妬心であることは間違いないが、日本の失敗に思わず小躍りしてしまうのもまた、韓国人の性なのだ。「日本の不幸は蜜の味」なのである。

 そうした国民の心の機微を読み、反日感情を煽る韓国メディアの報道を抜粋・要約の上、検証する。近年の韓国メディアのトレンドは「日本の右傾化」と「軍国主義復活」をキーワードに、歴史問題や竹島問題で安倍政権に集中砲火を浴びせることだ。

 たとえば4月28日付の『東亜日報』電子版は、日本のオーストラリア海軍次期潜水艦の受注失敗を、次のように報じている。

〈オーストラリアの次期潜水艦を受注して軍事大国化に弾みを付けようとした安倍晋三総理の夢が、中国の圧力で水泡に帰した。戦後初の大規模武器輸出を成功させ中国を牽制し、米・日・豪の安保同盟を強化しようとした安倍の野望にも支障が生じた〉

 潜水艦を建造するのが三菱重工と川崎重工ということもあり、日本の“潜水艦商戦”の失敗に、ガッツポーズをしながら書いているかのように見える。韓国で両社は、“朝鮮半島出身者を強制労働に従事させた戦犯企業”の代表格とされているからだ。大手紙の中には、旭日旗を先端につけた「そうりゅう型」潜水艦の進水式の写真を掲載し、日本の“軍国主義化”を印象付けるものもあった。

 最近の話題では、やはり2020年東京五輪の注目度が高い。日本での開催が不愉快で仕方ないらしく、各メディアは五輪招致を巡る日本の「裏金ゴシップ」を嬉々として報じている。

 もっとも、東京五輪開催が決定した直後から、韓国メディアではネガティブキャンペーンが盛んに展開されてきた。

 2013年9月8日の『スポーツ京郷』電子版は、「放射能・軍国主義 東京五輪招致を取り巻く憂慮と批判」と題したコラムで東京五輪開催をこう腐した。

〈世界のスポーツファンは、東京開催への懸念を抱き続けている。日本は福島原発事故による放射能拡散や汚染水漏れはもちろん、露骨な右傾化と軍国主義回帰の動きを見せており、世界の人々の批判を受けてきた〉

 コラムは、英・BBCニュースに寄せられた視聴者の匿名コメントなどを引用しつつ、日本の軍国主義化と放射能事故を猛烈に批判した。どこの誰が書き込んだかも分からないコメントを一方的に引用し、「世界中の人々が批判している」という暴論だ。

※SAPIO2016年7月号

【関連記事】
片山さつき氏 財務省時代に領海防衛に必須の潜水艦削減要求
北朝鮮報道「橋下は政治詐欺師」「卑劣漢」に橋下氏「光栄」
韓国マスコミの日本報道 保守系より左派系のまともさ目立つ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。