ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

TUBEは『夜のヒットスタジオ』にU2代役で初出演しブレーク

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 現在は数少ない音楽番組だが、かつては、多くの音楽番組が存在していた。そのひとつである『夜のヒットスタジオ』(フジテレビ系)には、こんな裏話がある。当時の番組プロデューサー・疋田拓さんが語る。

■サザン出演で初の歌詞テロップ

 デビュー直後のサザンオールスターズが『勝手にシンドバッド』で初出演したのは1978年7月。

「桑田さん独特のボーカルで、何を言っているか歌詞がさっぱりわからなかった(笑い)。そのため、歌詞を表示させる対応をとったんです」(疋田さん)。

 これが今では当たり前となった歌詞のテロップ表示の始まりとされる。

■“代役”でTUBEがブレーク

 1985年7月、『ベストセラーサマー』でデビューしたばかりのTUBEが初出演。

「実は海外のロックバンド『U2』が出演予定だったのですが、リハーサルでトラブルがあって出演できなくなった。急きょ、TUBEに声をかけて出てもらった」(疋田さん)。

 それを機に彼らは一躍、注目アーティストに。

■豪華海外アーティストが“共演”

 1985年4月、番組は『夜のヒットスタジオDELUXE』として2時間番組としてリニューアル。その目玉として、来日していたフランク・シナトラが生出演。さらに、西ドイツ(当時)から衛星生中継でティナ・ターナーが出演し、2人が“共演”。当時は日本の音楽番組に海外の大物アーティストが出演するのは異例のことだった。

「何度も現地まで行って粘り強く交渉して実現しました。その後、“日本にすごい番組ができた”と世界中に広まって、海外アーティストをキャスティングしやすくなりました」(疋田さん)

■百恵引退で放送後に『蛍の光』

 山口百恵さんが1980年10月の引退前、最後に出演した番組が夜ヒットだった。百恵さんは『さよならの向う側』を熱唱。「放送はそのまま終了しましたが、出演者の誰もが名残惜しくて帰ろうとしない。そのとき、オーケストラが『蛍の光』を演奏し始めたのです。その音楽に送られて百恵さんは号泣しながらスタジオを後にしました」(疋田さん)。

『夜のヒットスタジオ』
放送局:フジテレビ系
放送期間:1968年11月~1990年10月
放送回数:1131回
主な司会者:前田武彦、芳村真理、三波伸介、朝丘雪路、井上順、古舘伊知郎、柴俊夫、加賀まりこ 最高視聴率:42.2%(1969年3月17日)

<出場回数ランキング>

【1】五木ひろし:222回
【2】森進一:204回
【3】西城秀樹:190回
【4】布施明:177回
【5】郷ひろみ:176回
【6】田原俊彦:158回
【7】沢田研二:153回
【8】小柳ルミ子:145回
【9】近藤真彦:126回
【10】野口五郎:124回

※女性セブン2016年6月9・16日号

【関連記事】
フリー転身女子アナ 勝ち組は夏目三久、高橋真麻、平井理央
紅白歌合戦 正月特番から大晦日に日程変更された意外な理由
紅白歌合戦 AKBが全員入れる控室なくスタジオを控室にした

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。