ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

北海道不明男児保護 ネットで盛り上がった下衆のケジメとは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 北海道で行方不明になっていた男児(7)が見つかった。このニュースにネットは湧いたが、そこにあぶり出されたものはなにか。大人力コラムニスト・石原壮一郎氏が敢えて指摘する。

 * * *
 近年、こんなにも日本じゅうが心をひとつにしたことがあったでしょうか。無事のニュースを聞いた瞬間、誰もが「ああ、よかった!」と胸をなでおろしました。北海道の山林で6日前から行方不明になっていた小学2年生の少年が、6月3日朝、陸上自衛隊の宿泊施設で隊員に発見されました。行方不明になった場所からは、約5km離れていたとか。健康状態にも大きな問題はないようで、本当に何よりです。

 無事に保護された今だからこそ、行方不明のニュースが流れた5月28日から昨日までのあいだ、私たち「世間」が日常会話で、あるいはネット上で、どれだけ好き勝手なことを言いまくっていたかを省みてみましょう。後出しジャンケンは承知の上ですが、何事もなかったような顔をして、また次の事件が起きたら似たようなことを繰り返すのでは、寒さとひもじさに耐えてがんばった少年に申し訳が立ちません。

 行方不明になった直後は、「躾のために置き去りにした」ということで、両親を激しく責める声が巻き起こりました。とにかくバッシングの対象が欲しい人たちは、詳しい状況やいきさつなんておかまいなしで、「山の中に子どもを置き去りにする」というわかりやすい落ち度があれば十分です。両親がどんなに心配でどんなに激しく後悔しているかを想像するよりも、もっぱら「自分がちゃんとした人間である」ということをアピールしたいがために、「親として失格だ!」「虐待だ!」「外国なら逮捕だ!」と声高に叫びました。

 何日か捜索しても発見されないと、今度は「父親が言っていることは、これこれこういう理由でおかしい」「じつは、こういう真相があるんじゃないか」と名探偵気取りの人たちが、たくさん現われます。きっと、自分の予想がたまたま当たったときに「ほら、俺の言った通りだ」と言うための準備だったんですね。心配してるわけじゃなくて。

 そういうことにも飽きると、どこかで拾ってきたアテにならない情報を元に、父親や母親への人格攻撃が始まります。舛添都知事の気持ちを勝手に想像して「世間の話題がそっちに集まって、ちょっとホッとしてるんじゃないの」と言ってドヤ顔している人もいました。かく言う私も、眉をひそめているような風で書いていますが、事態が進行している最中は、いろんなアピールや推理やゴシップを興味深く聞いたり読んだりしていたので、そういう人たちを非難する資格はありません。

 発見された金曜日の段階で目についたのが、それまでさんざん好き勝手言っていた人たちの自分の気持ちの中で折り合いの付け具合。「無事でよかった」と発見を喜びながらも、「まだ表に出ていない事実があるんじゃないか」と名探偵ごっこを続けようとしたり、「置き去りにするような両親の元に戻されるのは心配だ」と自分の意識の高さをアピールしたり……。いずれも、やじ馬根性をフルに発揮した「大きなお世話」でしかありませんが、素直に無事を喜ぶだけだとコケンに関わると思っているのかもしれません。

 ネット民やマスコミによる両親へのバッシングや、今となってはどうでもいい細かい詮索は、残念ながらしばらくは続くでしょう。たしかに、山の中に子どもを置き去りにした行為は、よくないことです。しかし、子育てに完璧はないし、ほとんどの親は何かのはずみで「しまった」と思うようなことをした覚えはあるはず。身内でも関係者でもない外野が、両親を責める資格も必要もありません。

 日本も捨てたもんじゃないと思ったのが、発見直後にツイッターで「今後の報道は要らない」「私達はもうあの子の顔と名前を忘れなければならない」という話題が盛り上がったこと。よかったなあと無事だったことを喜ぶまでが、外野としてのギリギリの立ち入り方です。少年の顔も名前も父親の顔も名前も、がんばって忘れましょう。いろいろ忘れすぎて、また別の事件が起きたときに、同じような下衆な反応をしてしまわないように気を付けつつ。

 でもまあ、こうやって事件を蒸し返す記事を書いてるヤツに言われたくないですね。私もこの記事を書き終えて送信したあとは、どんなに気になっても、関連のニュースをいっさい見ないようにします。下衆なりのケジメとして。

【関連記事】
杉村太蔵 妻と母親が自分の悪口で盛り上がっていると安心する
「日本プロレス史上最も盛り上がった」と評される大会とは?
CSネット裏で「森元首相がポップコーン」とネット盛り上がる

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP