ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『ユアタイム』 「司会2人がハーフ」以上の魅力ありとの評

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 チャレンジは成功するとは限らない。同時に、最初からうまくいくと決まっているわけでもない。作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が、苦戦を伝えられる報道番組について言及した。

 * * *
 フジテレビ系『ユアタイム~あなたの時間~』(月~木曜後11:30、金曜後11:58)でメインキャスターを務めている日米ハーフの市川紗椰。例の「ショーンK」騒動のとばっちりで、突如メインを引き受けることになった、数奇な運命。しかし、市川さんの仕事はそもそもアナウンサーではなくてモデル。進行役を務めるのは大きな賭けでありチャレンジだ。

 4月に番組がスタートすると、そのたどたどしい口調、原稿を何度もかんでしまうシーンに緊張が漂い、「もう見ていられない」「目も当てられない」という声が続出。スタートから2ヶ月たった今も、口の中でゴニョゴニョして意味が伝わらなかったり、語尾がはっきりしないままフェードアウトは日常茶飯事。一部メディアは「9月降板へ」なんて書いているけれど、でも、本当にそれでいいのでしょうか?

 最近のフジテレビは月9、その他ドラマ、バラエティの評判も良くなく視聴率不振が続く。その凋落ぶりと、『ユアタイム』とを、ごっちゃにしてしまっていませんか?

 一歩離れて観察してみると、『ユアタイム』には他局の報道番組とは比べようのない独自性や新鮮さがある。他にはない味わいが、日を追うごとに滲み出し始めていないでしょうか?

 例えばオバマ大統領が広島を訪問した日の放送。

 コメンテーター、モーリー・ロバートソン氏が「泣いてはいけない」と前置きしつつ、必死にコメント。実はモーリー氏自身、少年時代を広島で過ごし、皮膚感覚で現地を知っている自称「広島っ子」。アメリカ人の父は原爆傷害調査委員会で医師として働いていた。まさに広島の原爆をめぐる関係者。現職大統領が初めて広島の地に来たことを語るモーリー氏は、自分の生い立ちを背負っていて、なんとも言えない真剣さと迫力があった。

 ジャーナリストとしてこらえていたけれど、とうとう最後に涙が出てしまったモーリー氏。アメリカ人とのハーフだった少年が、戦後の広島で暮らすことに、どれほど深い困難と苦悩があったことか。それを説明を越えて、しっかりと伝えた。

 市川さんもド根性を見せている。

 インタビューでは「読みや進行に対するスキルがまだない」と自覚を語ると同時に、「練習を重ねるが、『読む能力をただ身につけても「だったらアナウンサーやキャスターがやればいい」となる。自分らしさは雰囲気やコメントで』と自身の特性も探求する日々だ。『自分である必要性をどう出せるか』と心境を打ち明けた」(「デイリースポーツ」2016年5月24日)という。

 巷でこれほどしゃべりが下手、司会はとても無理、と批判されている中で、このコメントには凄味さえ感じる。アナウンサーのように話せる訓練をしたとしても、それならアナウンサーと同じ。「自分である必要性をどう出せるか」を意識し、自覚して、追求しようとしている。「自分らしさは消さない」という根性から、ニュースに対する独自の視点をもっと編み出さしてほしい。相撲オタクとして相撲愛を語る時のように。

 今や日本政府は必死に「グローバル化」を叫び、産業も教育機関も国際化を目指して血眼になっている最中。その中で、司会もコメンテーターも揃ってアメリカ人と日本人の親を持つ、グローバルコンビで進める報道番組が他にあるだろうか。

 市川さんとモーリー氏、二人が単なる「ハーフ」という看板を超えて、「そういう自分だからこそ語ることができる」視点で語り始めた時、この番組は迫力を増す。独自性はもっと輝く。一言で言えば、予定調和ではない面白さ。何が出てくるかわからないスリルな報道番組だ。

 5月から流れ始めた番組のテーマソング『百万本の赤い薔薇』は、桑田佳祐氏がこの番組を見て書き下ろした曲だとか。夜毎響きわたるフレーズは「降板時期尚早」を主張するスローガンに違いない。そう、私には聞こえる。

【関連記事】
山本モナ、三船美佳、遠野なぎこが「女子旅」について語り合う
ショーンK氏後任・モーリー氏の持論展開をフジがヒヤヒヤ
『カープ芸人』の山根発言「釣り好き選手多い」の真偽を検証

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP