ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

缶コーヒー「ボス」 印象的キャンペーン次々展開し人気に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 缶コーヒーの歴史は約50年になるが、サントリーの「ボス」は1992年発売と後発ながら、わずか20年余りで強豪の仲間入りをしている。「ボスジャン」「ボス電」など印象的なキャンペーンを伴い一気にトップブランドに食い込んだ。

 広告戦略も巧みで、2004年の「レインボーマウンテンブレンド」発売後に始まった米俳優のトミー・リー・ジョーンズ出演CMは人気シリーズとなっており、11年目に突入した。

 そして、ブランド名は「ボス」だが、決して“ワンマン”ではない。

 現在の旗艦商品「ボス レインボーマウンテンブレンド」を中心に、「贅沢微糖」「ブラック」「カフェオレ」、一昨年登場の「プレミアムボス」も加えたチーム戦略でさらなる高みを目指す。

※週刊ポスト2016年6月10日号

【関連記事】
BOSSが首位ジョージアを猛追の缶コーヒー市場 増税でも火花
初の微糖缶コーヒーを生んだのは「ジョージア」
ディズニーランド アニメがメインコンセプトではないのだ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。