ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

元パナソニック出身の日本人が開発!エアコンをスマート化するIoTプロダクト「Nature Remo」は省エネにも貢献

DATE:
  • ガジェット通信を≫

近年、めざましい発展を遂げているIoT分野。日本国内からまた1つ、頼もしいプロダクトが登場したので、ご紹介したい。

「Nature Remo」は、コントローラー機能および電源制御機能(パワープラグ)を有するデバイスと、スマートフォンアプリで構成されたIoTプロダクト。インターネットを通じて、エアコンをはじめとする家電のリモコン操作が、どこからでもできるようになるというもの。

・アプリを使ってどこからでもエアコンを操作

仕組みは、次の通り。家庭用ルーターからインターネットに接続し、スマートフォンアプリとモバイルネットワークを経由して通信。エアコンに対しては、デバイス自体から赤外線通信によって、コマンドを送信する。

デバイスには、温度計機能、湿度計機能、人感センサー、照度センサー、ノイズセンサーも搭載。室内の人やペットを検知する他、過去の操作履歴を自動で学習。電気代節約にも、大いに貢献する。

さらに、デバイス操作を可能にするAPIも公開。他のIoTプロダクトとの連携や、「Nature Remo」を活用するスマートフォンアプリの登場などを促進する。IFTTT (If This Then That)や、Amazon Echoとの連携もOKだ。

・バーチャルパワープラント普及をめざして開発

開発元は、ボストンを拠点に活動するスタートアップ、Nature Inc。

情報工学の専門家である塩出氏と、元パナソニック社員の大塚氏の2名で起業。化石燃料が乏しい日本で、バーチャルパワープラントを普及させ、エネルギーを自給自足する未来を作りたいという思いから、製品開発に至った。

正式発売は、8月を予定(日米同時)。現在は、Kickstaterで支援を募集している。公開は、6月22日まで。プレオーダー価格は、59ドル(約6,540円)から。

Nature Remo/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP