ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

風邪かと思って受診したら、まさかの「尿路感染症」。1歳までに2度の入院を経験

DATE:
  • ガジェット通信を≫

息子の最初のおは生後4カ月の時でした。風邪の症状もないのにいきなり39度まで

あがりました。

食欲はあるけどグッタリだるそうで、機嫌も悪くてずっと抱っこです。クーリングで半日様子をみていたものの、時間外診療になる前に近くの小児科へ。

風邪かな~?突発かな~?と穏やかな先生。

私もその辺りの病気かなと思っていたので、割と冷静に受診。でも、月齢が低いのが気になるという事で一応、血液検査と尿検査をする事に。

検査用に採尿パックをつけて待っている時に、ブルブルと息子の身体が震えてきて、熱性痙攣かと思い慌てて看護師に言うと、「痙攣じゃないけど、これからもっと熱上がりそうだね」と。

確かに手足が冷たく、顔色も悪い。悪寒ってやつですね。結局このあと41度まであがりました。

「検査の結果出ました~」と看護師にニコニコ呼ばれたから、まさか入院が必要な病気だとは思いませんでした。

先生に「尿路感染症です。点滴して入院しなきゃいけないから、これから病院紹介するね」と言われて、すぐに思ったのは『私のせい?私のオムツ交換の仕方が悪かったのかもしれない!』先生の前で「ごめんね~○○(息子の名前)」って息子を抱きしめて涙目になっていました。

看護師がすかさず「お母さんのせいじゃないよ~小さい子にたまにある病気だよ」って言ってくれて、この一言で気持ちがフッと落ち着きました。いまでもこの看護師には何でも相談しています。 関連記事:生後2ヶ月での高熱。尿路感染症と確定するまでの入院生活は、予想以上に精神的に辛いものでした

紹介状をもらいそのまま国立病院へ。

点滴で泣き疲れてぐっすり眠る息子を見て、痛いけどしょうがない、早く治してお家に帰ろう!頑張って!としか言えませんでした。

結局、5日間の入院となりました。

そして2度目・・・9か月の時。

熱が39度近くまで、鼻水も出ていたので風邪かなと。

でも、熱の上がり方が急で嫌な感じがし、尿路感染症を疑い受診。

検査で異常なし。単なる風邪か~と思っていたらなかなか熱が下がらず、3日目に再検査。そしてまた尿路感染症・・・。

繰り返すと先天性異常かもと言われていただけに、ショック(涙)同じ国立病院を紹介されて入院。前回と違い、つかまり立ちのようなものをしていた息子に狭いベッドで

大人しく寝てなさいというのは、本当に酷でした。

点滴につながれているイライラと具合の悪さとで、ずっとグズグズ。ずっと抱っこ。

寝たかなと思いベッドにおろすと、すぐ目があいちゃう。

更にベッドが古く、安全柵を上げ下げする時に「ギー」と音をたてるものだから、寝ている時にこっそりトイレに行こうにもすぐ気づかれました。

なんとか治療を頑張り、前回と同じく5日間の入院ののち退院となりました。

体力的にも精神的にも、この2度目の入院の付き添いは大変でした。

心細い事に、夫は仕事が遅く終わるため面会時間に間に合わず、なかなか面会に来られませんでした。

息子が1番頑張りましたが、私もよく頑張ったなと自分を褒めてあげたいです。

こういう事の積み重ねで肝っ玉母さんになるんですね。 関連記事:小さな手に点滴を繋がれた姿に、夫も私も涙…40度越えの高熱で9ヶ月の息子が入院

著者:みわん

年齢:39歳

子どもの年齢:2歳

2日間の陣痛の末、帝王切開で頭の大きな息子を出産。パパ似だと言われ続けてきましたが、最近ママ似だと言われるようになり心底うれしい。毎日息子の笑い声に元気をもらってますが、近々働く予定。ちゃんと育児、家事、仕事が出来るか不安。さらに超人見知りの息子が保育園で元気に過ごしてくれるのか、不安いっぱいのこの頃です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

生後10日目で動脈管開存症の手術。「この子を守らなくては」と必死で見守った夜
呼吸するたび「ゼーゼー」と苦しそうな音が!生後5ヵ月でRSウイルスに感染し入院した娘
退院直前に告げられた、我が子の「ダウン症」…。でも、それってどういうこと??

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP