ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

くまモンSNS再開「復興のシンボル」復活に笑顔広がる

DATE:
  • ガジェット通信を≫


6月1日、熊本県の公式ゆるキャラ・くまモンが、4月14日の熊本地震以来、1カ月半ぶりに公式TwitterおよびFacebookを更新。くまモンからの久しぶりのメッセージに、ネット上では喜びの声が多数寄せられている。

【もっと大きな画像や図表を見る】

地震発生後、熊本県は4月15日、くまモン公式サイトで「くまモン隊は、この度地震に見舞われた方々を最優先に行動しており、SNSでの情報発信は控えております」と発表。

その後4月16日には、漫画家の森川ジョージさんがTwitterに投稿したことがきっかけで、「くまモン」のイラストを描いて被災者にエールを送ろうというハッシュタグ「#くまモン頑張れ絵」が誕生。プロの漫画家から一般人まで、国内外から「くまモン頑張れ絵」が集まったほか、4月20日には、くまモンの生みの親、放送作家の小山薫堂さんが熊本の復興支援プロジェクト「FOR KUMAMOTO PROJECT」を立ち上げ、

「被災地で見たり、聞いたり、感じた心を和ますような意見を、Twitterでハッシュタグ『#‎くまモンあのね』を付けて、くまモンに報告するようにつぶやいてください」

と呼びかけたところ、こちらにも続々と投稿が寄せられるなど、くまモンを通じたTwitterでの支援の輪は広がっていた。

SNSでの情報発信がなくなって約1カ月半。6月1日になり、くまモンはTwitterに、

「日本全国や世界中から熊本を応援してもらって、本当にありがとうだモン。熊本がもっと元気になって笑顔が広がるようにがんばるモン!今日からツイートも再開するモン。これからも熊本をどうぞよろしくお願いしますモン!」

とTwitterの再開を宣言。このツイートには3日までに2万4000以上の「いいね」がつけられており、

「くまモン、お帰り-! 待ってました。まだまだ大変だと思うけど、がんばってね。ずっとずっと応援していくからね」
「くまモンおかえり♪
これからどんどん暑くなるから体には気を付けて無理しないでね!!
神戸から応援してるよ!!」
「福岡から毎週末ボランティアに通ってますよ
一緒に頑張りましょう
九州は1つだモン!」

など、全国から温かい声と応援ツイートが届けられ、リツイート数も2万2000以上にのぼっている。

人々に元気を与えるくまモン。被災地だけでなく、県外の人の心もひとつにする、復興のシンボルとなっている。
(花賀 太)

(R25編集部)

くまモンSNS再開「復興のシンボル」復活に笑顔広がるはコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

「くまモン頑張れ絵」SNSで広がる熊本応援
銀座の「熊本アンテナショップ」盛況「感動した」の声
熊本市 熊本城再建のための募金活動を開始
都市部でも…熊本地震で想定されるボランティア7種
ロアッソ熊本・巻の古巣へ向けたメッセージに感動

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP