ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スマホでお手軽3D動画撮影を可能にする「Eye-Plug」、年内に35ドルで発売へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

立体感のある3D写真をスマホで撮影できるアプリはたくさん展開されているが、今回紹介するのは3D写真・動画撮影を可能にするスマホアクセサリー「Eye-Plug」。

Android携帯のUSBタイプCコネクターに差し込むだけで、スマホが3Dカメラに早変わりする。

・重さわずか6グラム

台湾拠点のWeeviewがこのほど台北で開かれた、IT見本市で発表した。今年後半に量産化に入り、35ドル(約3800円)前後で販売される見込みだ。

Eye-Plugは3.9×2×1.3センチと、フラッシュメモリより小型で重さはわずか6グラム。USBタイプCコネクターに差し込んで使用する。

・リアルな自撮りも

Eye-Plugにはカメラが搭載されていて、専用のアプリで撮影すると、Eye-Plugのカメラで捉えたデータが撮影した画像や映像に奥行きを加える。

スマホの背面、表面どちらのカメラとも連携するので、よりリアルな自撮りを撮ることもできる。

解像度は明らかにしていないが、Googleの3DビューアーCardboardで十分に楽しめるレベルとのこと。

臨場感のある3D写真や動画が徐々に浸透しつつある昨今だが、スマホで簡単に撮影できるとなれば一気に身近なものになりそうだ。

Eye-Plug

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP