ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

サム・メンデス監督、ジェームズ・ボンド次回作には参加しないと語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ジェームズ・ボンド映画の最後の2作である映画『007 スペクター』と映画『007 スカイフォール』を監督したアカデミー賞受賞者のサム・メンデス監督が、映画『007』シリーズの仕事を終了した。

英新聞のガーディアン紙によると、メンデス監督はヘイ・フェスティバルにて、「(映画『007』シリーズは)信じられないような冒険だった。この映画の毎秒全てを愛していた。しかし、他の誰かが手掛ける時が来たと思う」と、語った。

メンデス監督は、「私はストーリーテラーだ。最終的には、私は新しいキャラクター達の物語を作りたくなるんだ」と、加えた。

ジェームズ・ボンドを主演した俳優のダニエル・クレイグが、MGMと米ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントによる『007』シリーズの次回作に戻ってくるかどうかは不確かだ。クレイグの後にジェームズ・ボンドを演じる可能性のある後継者についての噂が渦巻いており、最も注目される候補として、トム・ヒドルストン、イドリス・エルバ、ジェイミー・ベルの名前が挙がっている。

メンデス監督は、「これは民主主義ではない。バーバラ・ブロッコリが、誰が次のボンドになるか決定する。それだけだ」と、語った。

当時、あまり有名ではなく全く支持されていなかった俳優のクレイグを選出したのは、『007』シリーズのベテランプロデューサーであるブロッコリだった、とメンデス監督は指摘した。

メンデス監督が手掛けた、2012年と2015年に公開されたジェームズ・ボンド映画の2作は、全世界で20億ドル近くの興行総収入を記録した。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP