ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

認知症診断から10年経過の62歳男性 外出時はIT活用

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「認知症800万人時代」といわれて久しい。いまや中高年世代の大きな関心事となった認知症だが、その病と付き合いながら自宅で一人暮らしを謳歌して約10年、「不便であっても不幸ではなかった」と断言する人物がいる。『認知症の私からあなたへ 20のメッセージ』の著者・佐藤雅彦さんだ。

 51歳の時にアルツハイマー型認知症と診断された佐藤さんはその後10年間、一人暮らしを続けてきた。62歳を迎えた現在は埼玉県のケアハウスに移り住んでいるが、そこでも食事サービスなど最低限の日常生活の補助を受けているだけ。

 しかし、認知症になった当初、佐藤さんは外出でも苦労した。複雑な道順を覚えられないし、電車やバスに乗っても、どこで降りるかを忘れてしまう。部屋にいて気が付いたら家を出るべき時刻になっていてパニックに──なんてこともあったという。

【降りる駅に着く直前に、アラームが鳴る】

 佐藤さんが対策として有効活用するのが、携帯電話のメモ機能だ。電車やバスで移動する場合、前日までに目的地への経路と乗車・下車時刻をネットの乗換案内サイトで確認。携帯電話を開き、

〈新宿から急行 ○○で降りる。8時23分、バス乗る。10時××で降りる〉

 といった具合にメモし、「電車を降りなきゃいけない直前の時間にアラームが鳴るようにセットしておく」というのである。

 佐藤さんを支援している認知症介護・研究東京センターの永田久美子・研究部長が解説する。

「30分間乗って降りればいいという『普通の時間感覚』が認知症になると上手く働かなくなる。電車内で常に“降り損ねていないか”とハラハラし通しだと、かなり消耗してしまうんです。

 でも、そうしたストレスを恐れて外出を控えてしまうと孤独を深め、病状の進行を早めることになってしまう。佐藤さんのように工夫し、外出をあきらめずに戸外で楽しみ続けることはとても大事なんです」

【外出は出発の1時間前から始まる】

 佐藤さんは外出の1時間前と30分前にもアラームをセットする。余裕を持って外に出る準備に専念するためだという。

「本を読んだり、テレビを見たりしていると意識を取られて外出の予定自体を忘れてしまうことがあります。アラームが鳴ったら着替えて、持ち物を点検することに集中するんです」(佐藤氏)

 着ていく服装も前の日のうちに決めておく。朝起きた時、必ず目に入る場所に全身コーディネートをハンガーにかけてから就寝。当日、慌てる原因になりそうなものを極力排除しておく。

「実は佐藤さんも最初は外出に慎重だったんです。それが携帯を使い始め、一歩も二歩も踏み出した。デジタル機器はこれからのシニアの心強い魔法の杖になりうる。楽しみながら取り組むのが成功の秘訣かもしれません」(永田氏)

 A4判のタブレットに視線を落としていた佐藤さんが「はい、出ました!」と見せてくれたのは咲き乱れる藤の花の写真の数々。あしかがフラワーパーク(栃木県)まで友人と足を延ばして撮影したものだ。

「電車を3時間乗り継いで行きました。毎月季節ごとのスポットに行って、フェイスブックにもアップします。〈友達〉は1500人もいて、反応が楽しい」(佐藤氏)

【角を曲がらずに散歩する】

 散歩は毎朝30分、一日7000歩が目標だが、初めての道を歩くと、「来た道を戻る」ことが難しく、道に迷ってしまう。だから、やはり工夫が必要になる。

「昨年6月に引っ越したのですが、まずは家からまっすぐ10分歩いて、Uターンして戻ってくるだけにする。真っ直ぐの道だけなら、道順を覚えなくて済みますから。繰り返して慣れたら次のステップで角を曲がってみる。いきなりはいけません」(佐藤氏)

 携帯電話の歩数計アプリに記録を残しておけば、健康管理につなげられる。

■佐藤雅彦(さとう・まさひこ)/1954年岐阜県生まれ。認知症と診断されてからの自身の体験を綴った前著『認知症になった私が伝えたいこと』は2015年度日本医学ジャーナリスト協会賞優秀賞。「認知症とともに歩む本人の会」代表。

※週刊ポスト2016年6月10日号

【関連記事】
老母の家が認知症でゴミ屋敷化 子が問題解決までを綴った本
発症まで約20年のアルツハイマー型認知症 40代から予防必要
認知症の医師の選び方 日本認知症学会HPで専門医を探す

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP