ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

草刈正雄 真田丸の台本は「喫茶店で覚えている」と明かす

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 信州上田から大阪に舞台を移し、ますます目が離せないNHK大河ドラマ『真田丸』。主人公・真田信繁の父で、知略に優れたクセ者、昌幸を演じる草刈正雄(63才)の演技も話題だ。そんな草刈に、印象的なシーンや台本の覚え方などを聞いた。

――台本はどうやって覚えていますか?

草刈:喫茶店で覚えています。知り合いに「やってごらん、はまるかもしれないよ」と勧められて、やってみたんです。若い人が話していたりパソコンをしたりしてるから、初めは「こんな賑やかなところで、よく台本を覚えられるなあ」って思っていたんだけど、はまっちゃってね(笑い)。

 喫茶店は台本を覚える所と決めて、家ではやらなくなりました。仕事がない日は毎日、朝7時か8時頃行って、1、2時間くらい台本を読んで帰ってきます。

――決まった喫茶店がある?

草刈:お気に入りの喫茶店が2、3軒あります。声は出せないから、頭の中で繰り返し読むんですけど、声を出さなければいけない台詞もありますから、そういうものは、家でも読みます。

――喫茶店にいると、草刈さんだと周りが気づくのでは?

草刈:気づく人もいるけど、構わないでいてくれますよ。時々「見てますよ」と声をかけてくれるのは、嬉しいですね。

――ドラマで、印象的なシーンは?

草刈:三谷幸喜さんが書く決め台詞は、印象的なものが多いですよね。たとえば「大博打の始まりじゃあ!」とか、西村(雅彦)君の言っていた、「黙れ小童(こわっぱ)!」とかね。ああいうのは楽しいですよね。

「チクショウー!」Tシャツをスタッフの方が作ってくれて、みんなで着ているんですよ。ぼくの顔がプリントされていて、その横に「チクショウー!」って入っているんです。欲しいでしょ? でも非売品です(笑い)。

――三谷さんの脚本ついて、思うことは?

草刈:すごく楽しいですね。俳優さんたちはみんなイキイキしてますよ。楽しんでいるのがこちらにも伝わってきますよね。長台詞は大変だけど、今回は苦になりませんよ。

――空き時間は何をしていますか?

草刈:前室(広い控室)でみんなで雑談しています。先日は小日向(文世)さんと話をしていて、ぼくがモデルをしていた頃に通っていた、原宿の喫茶店の話になったんです。小日向さんも行っていたそうで、会っていたかもしれないねと盛り上がりました。

――昌幸と草刈さんは、似ているところがあるそうですね。

草刈:そうですね、台詞で「わしは勘で生きている」というのがあるんですけど、ぼくも同じで、直感があるんです。台本を読んでいて、やりたいこととか、したいことが、パッと頭に浮かぶんですね。それが昌幸と似てるところです。でもそれくらいで、性格的にはあんなに豪快なおじさんじゃない(笑い)。

――今までの人生の分岐点で、直感で動いて変わったことは?

草刈:人生は下手なんだけど、仕事の中ではプラスになっています。たとえば「大博打の始まりじゃあ!」の言い方も、平坦に言ってもいいわけですよね。三谷さんの本はリズムがあると思っていて、トントントントントン、バーンと爆発するようなものを感じるんです。そういう風に言ってもらいたいと思っているかもしれない、という勘が働いて、ピタリとはまると気持ちがいいですね。

【草刈正雄(くさかり・まさお)】
1952年9月5日生まれ。福岡県出身。1970年、資生堂の広告でモデルデビュー。その後俳優に転向し、1974年『卑弥呼』で映画デビュー。『真田丸』では、主人公の真田信繁(堺雅人)の父・昌幸役を演じ、クセのある役柄で話題を呼んでいる。

◇NHK大河ドラマ『真田丸』
毎週日曜、NHK総合20時、BSプレミアム18時放送。後世に真田幸村の名で「日本一の兵(ひのもといちのつわもの)」と評されることになる、真田信繁の成長物語。三谷幸喜脚本。


【関連記事】
金子哲雄 スタバ系カフェからの揺り戻しで純喫茶見直し指摘
妻夫木聡 高級ホテルバーで葉巻を手にカフェオレ飲み台本読む
吉沢亮 神保町喫茶店の400gナポリタン食べ「めっちゃうまい」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP