ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大富豪11人から学ぶ、最強の「倹約メソッド」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

浪費癖が染み付いてなかなかお金が貯まらない、という人たちに。世界に名を馳せる「成功者」たちの倹約術をご紹介。彼ら、お金をまったく使わないっていうんじゃないんです。ケチるところはケチり、使うときにはバーっと。ま、それこそお金持ちたる所以かもしれませんが。

では、彼らはどこで財布の紐を締めているのでしょう?

01.
自分のスタイルを貫く

グレーのTシャツとデニムだらけのクローゼットを公開したマーク・ザッカーバーグ。自家用車も約320万円ほどのものと、これまた庶民的。Facebook創業者が好むスタイルは、とってもシンプルな暮らしぶりのよう。

02.
大きな家なんて必要ない

世界一の投資家であり、最大の倹約家でもあるウォーレン・バフェット。ネブラスカ州オナハにある彼の自宅は、50年以上前におよそ340万円程度で購入したものだという。投資家たちの間では、「オナハの神殿」として崇められているとか。もちろん、今もこの家で暮らしている。

03.
階級なんて気にしちゃいけない

インドIT産業の“皇帝”と称されるアジム・プレムジ。そんな彼はタイトな予算での旅行がお好みらしく、宿泊先も5ッ星ホテルを選ぶようなことはないようです。さらにはこんな逸話も。彼の息子の結婚式に出席した際、紙皿にも抵抗なく料理を楽しんだんだとか。

04.
サンプル品も要チェック

歌手として、ファッションデザイナーとして、今やポップカルチャーのアイコン的存在のビヨンセ。私生活では高級品や装飾品を買ったりという物欲よりも、スキンケアやボディケアにより投資するそう。

05.
外食は極力控える

用紙は両面まで使うよう指示するなど、倹約家で知られるIKEA創業者のイングヴァル・カンプラード。プライベートでの外食もIKEAのミートボールをディナーにする徹底ぶりで、塩やコショウの小袋を持ち帰ることも…あるとかないとか。

06.
革靴は一生モノ

NY市の元市長マイケル・ブルームバーグは、モノを大切にする人のよう。有名な語り草のひとつに、彼はこの10年間でわずか2足の革靴を交互に大切に履きこなしてきたことで知られています。靴底を取り替えたり、かかとを交換して、長くひとつのモノを使っているようです。

07.
副業を始め、一方の給料は
そのまま貯金を

アメリカのTV司会者として名を馳せたジェイ・レノは、幼少期より自動車ディーラー店とファストフード店を掛け持ちでアルバイトし、片一方の給料はそのまま貯金に回すという、若者らしからぬ倹約ぶりを見せていたようです。このメソッドを続けることで、やりたいことへの資金を集め、そしていよいよコメディアンとしてデビューを決めたそう。

08.
ムダ買いしないためには
「買い物リスト」を有効活用

起業家ブーン・ピケンズのモットーは「衝動買いをしないこと」。そのため買い物の際にはリストを書いて、必ず現金で買い物に出かけるようです。事前にきちんと予算を立てておけば、不要なアイテムを買って失敗することもありませんよね。

09.
何も持ってなくたって
生活はできる!

億万長者になるずっと以前、イーロン・マスクは一日1ドル生活を続けていたそうです。サラリーマンの道を捨て、彼の目指す夢に向かって集中していた時代のこと。この経験が間違いなく今日の成功につながっているんでしょうね。

10.
必要なモノだけを買おう

スティーブ・ジョブズと買い物に行ったことのある人の話。彼は新しいオーバーコートを買うのに、シーズナリティを全く気にすることはなかったそうです。ジョブズの中でお金をかけるべきモノは、タイミングや衝動ではなく「必要かどうか」、その根拠が大事だったのでしょうね。

11.
自分主催のパーティーは
シンプルだってOK

ロシアKGBの元スパイアレクサンドル・レベデフも熱狂的な倹約家として有名。アパートのような簡素な住宅や、コストパフォーマンスのいい生活を好んでいたようです。あるバースデーパーティーの席で、招いた友人たちにシャンパンやキャビアを振るまう代わりに、ウォッカとベーコンでそれを代用したんだそう。

Licensed material used with permission by Buddy Loans

関連記事リンク(外部サイト)

決断力がなくても優れたリーダーになる人「5つの共通点」
成功するために、20代で知っておくべき「5つのコト」
成功している人が、実は毎日つぶやいている「9つのコト」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP