ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【これはヤバい】夏の魔物「バイバイトレイン」にウエノコウジ、クハラカズユキ参加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

THEE MICHELLE GUN ELEPHANTで鉄壁のリズム隊を組んでいた2人、ウエノコウジ、クハラカズユキが、なんと夏の魔物の楽曲に演奏で参加していることが明らかになった。

これは本日ミュージック・ビデオが公開された、6月22日に発売する3rdシングル「魔物、BOM-BA-YE ~魂ノ覚醒編~/バイバイトレイン」に両A面楽曲として収録される楽曲「バイバイトレイン」のレコーディングで2人がプレイしているというもの。

そもそも「バイバイトレイン」は、作詞を大槻ケンヂ、作曲をYO-KINGが担当しているという、日本のロック史上でも事件な組み合わせで誕生した楽曲なわけだが、さらにその曲をベースにウエノコウジ、ドラムにクハラカズユキ、キーボードにハジメタル、ギターに越川和磨が参加してレコーディングしているというから驚きだ。

この曲は、夏の魔物ボーカリスト・成田大致が「グミ・チョコレート・パイン」(大槻ケンヂ著)の世界を音楽で表現したいという思いを大槻とYO-KINGが形にした作品で、今回公開されたMVでもその世界観をイメージしたシーンが多数取り入れられている。作詞者の大槻ケンヂはこの曲について「青春のロック。別れのパンク。またいつか出会うかもしれない希望のフォーク。そんなソング!」とコメントしている(シングルの帯コメントとしても掲載)。

レコ初ワンマン・ライヴとなる6月24日新宿FACEではどんなライヴを魅せてくれるのか今から期待しておこう。また、現在「夏の魔物アイドルオーディション2016」にてアイドルとして活動したい女性を大募集中。こちらの締め切りは6月5日と迫っているので合わせてチェックをお忘れなく。

尚、OTOTOYでは成田大致とケンドー・チャンがWiennersの玉屋2060%を迎えた対談の模様を特集ページで近日公開する予定なので、こちらもお楽しみに。(岡本)

「バイバイトレイン」MV

https://youtu.be/wcFlfD2PI8A

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP