体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ARM、新プロセッサー「ARM Cortex A7 MPCore」と、高性能・低消費電力を実現する「big.LITTLE処理」を発表

英ARMが新しい「ARM Cortex A7 MPCore」プロセッサーと、Cortex A7と高性能型Cortex A15を併用した場合のプロセッサの選択技術「big.LITTLE処理」を発表しました。Cortex A7はARM曰く、”ARMが開発したアプリケーション・クラスのプロセッサとして史上最高のエネルギー効率を誇る”ほど低消費電力ながらも、”Cortex-A7をスタンドアロン・プロセッサとして使用した場合、2013~2014年には100ドル未満のエントリ・レベルのスマートフォンで、現在500ドルのハイエンド・スマートフォンに匹敵する処理性能を提供する”ほどの性能を持つプロセッサー。Cortex A7は28nmプロセス技術で製造され、サイズは0.5㎡以下、シングルコアおよびマルチコアで構成できるとされています。Xperia arcのSnapdragonに搭載されている45nmプロセスのCortex-A8と比較して、エネルギー効率は5倍、サイズは5分の1にもかかわらず、高い性能をもつとされています。WEBブラウジング時の電力効率と性能を比較したものが次の図。Cortex A7のほうが同じクロックでも、Cortex A8よりもはるかに省電力で高性能であることが示されています。

 「big.LITTLE処理」は、互換性を持つ2種類のプロセッサーを同じSoCに組み合わせて使用する場合、タスクに最適なプロセッサーをハードウェアレベルで選択するという技術。今回発表された低消費電力のCortex A7と、高性能のCortex A15を1つのSoCに搭載した場合、例えば、スタンバイ時や音楽再生など負荷の低いタスクは省電力のCortex A7で実行され、ゲームやナビ、高い性能要求するタスクは高性能のCortex A15で実行されることで、”性能向上とバッテリー寿命の延長という矛盾する消費者ニーズを満たすシステムオンチップ(SoC)の開発”を実現するとされています。Source : ARM


(juggly.cn)記事関連リンク
NVIDIAのクアッドコア”Kal-El”は「Tegra 3」に
2011年XperiaスマートフォンをAndroid 4.0にバージョンアップする予定とSony Ericssonが回答
Galaxy S、Nexus S、Galaxy S II、Galaxy Tab 10.1はAndroid 4.0にバージョンアップされる予定らしい

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。