ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

氷室京介ドキュメンタリー「THEATER EDITION」カメラが追った6年間の真実劇場公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2016年5月23日に東京ドームで開催された【KYOSUKE HIMURO LAST GIGS】を最後に、ライブ活動無期限休止期間に入った氷室京介。彼の6年間を追ったドキュメンタリー作品『DOCUMENT OF KYOSUKE HIMURO“POSTSCRIPT”』がインターネット配信されることは決まっていたが、この「THEATER EDITION」(予告:http://y2u.be/eV8_-T5VKD0)が2週間限定で劇場公開される。

 本作品は、音楽界に多くの伝説を残し常にトップスターで在り続けた氷室京介が、なぜステージを降りる決断をしたのか、一台のカメラが目撃した激動の6年間を通してその真実を暴き出す。氷室京介自身から発せられる数少ない言葉を頼りに、多くのファンが様々な思いを巡らせる中で、次第に明らかとなっていった聴力の問題、遠く海を隔てて体験した東日本大震災、無念のステージとなった2014年の横浜スタジアム、そしてファンへの想い。密着取材を通し、氷室京介の知られざる苦悩や葛藤を目撃し続けた山崎大介は「自分が目撃してきたものを、ファンにも伝えるべきだ」と考え、『DOCUMENT OF KYOSUKE HIMURO“POSTSCRIPT”』を完成させた。

 6月3日より三部作として配信されるHulu版は、およそ180時間に及ぶ密着映像に、トータル6時間以上にわたるロングインタビューを交えて贈られるが、「THEATER EDITION」はこの作品から重要な要素をピックアップ。115分(予定)の総集編として、7月1日から14日まで、2週間限定で劇場公開される。6月17日からは公開劇場にて全国共通特別前売券が発売となる。

(C)NTV, distributed by 「POSTSCRIPT」FILM PARTNERS

◎映画『DOCUMENT OF KYOSUKE HIMURO “POSTSCRIPT”』THEATER EDITION
2016年7月1日(金)~7月14日(木)2週間限定公開
監督:山崎大介
製作:日本テレビ放送網 東宝
制作プロダクション:Picture-L
配給:東宝映像事業部
上映時間:115分(予定)
当日窓口料金:2,500園(税込)均一
前売券料金:2,200園(税込)6月17日(金)より公開劇場にて
詳細:公式(http://bit.ly/1U1d8BL)または各劇場まで
上映劇場:全国32館
<北海道>札幌シネマフロンティア
<宮城>TOHOシネマズ仙台、MOVIX仙台
<東京>TOHOシネマズ 日本橋、お台場シネマメディアージュ、TOHOシネマズ 新宿、池袋HUMAXシネマズ
<神奈川>TOHOシネマズ ららぽーと横浜、横浜ブルク13、TOHOシネマズ 川崎、TOHOシネマズ 海老名
<千葉>TOHOシネマズ ららぽーと船橋、TOHOシネマズ 流山おおたかの森
<埼玉>MOVIXさいたま、TOHOシネマズ ららぽーと富士見
<群馬>MOVIX伊勢崎
<栃木>TOHOシネマズ 宇都宮
<茨城>TOHOシネマズ 水戸内原
<新潟>T・ジョイ新潟万代
<静岡>TOHOシネマズ 浜松
<愛知>TOHOシネマズ 名古屋ベイシティ、109シネマズ名古屋
<富山>TOHOシネマズ ファボーレ富山
<大阪>TOHOシネマズ 梅田、TOHOシネマズ なんば
<京都>TOHOシネマズ 二条
<兵庫>TOHOシネマズ 西宮OS
<岡山>TOHOシネマズ 岡南
<広島>TOHOシネマズ 緑井
<福岡>TOHOシネマズ 天神、T・ジョイリバーウォーク北九州
<熊本>TOHOシネマズ 宇城

◎Hulu版『DOCUMENT OF KYOSUKE HIMURO“POSTSCRIPT”』PERFECT EDITION
[第一部/to turn 50]2016年6月3日(金)
[第二部/IF YOU WANT]2016年6月24日(金)
[第三部/decision]2016年9月上旬予定

◎山崎大介監督-コメント
氷室京介の天命とは何か。
2010年、50歳を迎えようとしていた孤高のロックスターに駄目元でオファーした密着取材からこのドキュメンタリー作品は始まりました。
それから6年。音楽制作やライブの舞台裏、プライベートのことなど、今まで見せたことの無い“氷室京介”を私は目撃し続けてきました。
自分が見てきたこと、浴びてきた言葉を、氷室京介を知る多くの人に伝えたい。
氷室京介が魅せた「LAST GIGS」の対になるような映像に、「追伸」という想いを込めて『DOCUMENT OF KYOSUKE HIMURO“POSTSCRIPT”』を完成させました。 
私が知った“氷室京介”を、皆さんにも共有してもらえればと思います。

関連記事リンク(外部サイト)

氷室京介 35年に及ぶライブ活動に1つの幕……感涙と悲涙が溢れかえった超満員の東京ドーム最終公演
氷室京介 初のオールタイムベストALが1位獲得、Perfumeと三代目JSBは勢い衰えず
氷室京介 BOOWY時代からの初オールタイムベストで貫禄首位、“そらる”と“まふまふ”の新ユニットも善戦

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP