ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

HARUHI「ムカついてギターを始めた」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE日曜朝9時からの番組「SMILE ON SUNDAY」(ナビゲーター:レイチェル・チャン)のワンコーナー「BMW SOUNDS GOOD」。5月29日のオンエアでは、映画「世界から猫が消えたなら」の主題歌「ひずみ」でメジャーデビューを果たしたシンガーソングライターのHARUHIさんが登場しました。

HARUHIさんはロサンゼルス生まれの17歳。日本のインターナショナルスクールでは英語で会話していることもあり、「書く時も歌うときも英語の方が楽です」とのこと。HARUHIさんによると、英語で歌うときと日本語で歌うときでは発声の仕方が違っていて、英語のときは自然と腹式呼吸でお腹を使いながら歌えるのですが、日本語のときは喉で歌ってしまうクセ(外国人はこうなってしまうことが多いそう)に苦戦したそうです。ちなみに「ひずみ」はHARUHIさんが初めて日本語で歌った曲。曲を聴いたレイチェル・チャンは「純粋な少年のような無垢な歌声が大好き」と絶賛していました。

HARUHIさんは音楽一家に育ち、姉が学校のコンサートで歌っているのを見て羨ましがっていたとか。子どもの頃からbjörkやThe Velvet Undergroundなどの曲などを聴いて育ち、13歳から楽曲制作を開始。HARUHIさんがギターを始めたきっかけには、意外な理由がありました。

「家族みんなピアノが弾けるんです。しかも私よりもうまいので、ムカついて私はギターで勝負することにしました(笑)」(HARUHIさん)

部屋にはギターがたくさん置いてあり、まるでスタジオのようになっているそうです。そんなHARUHIさんが最近笑顔になった出来事は、親友がサプライズでメジャーデビューを祝ってくれたことだとか。「世界から猫が消えたなら」にちなんで、ネコをモチーフにした手作りのケーキでお祝いしてくれたそうです。

6月には代官山でアコースティックライブを行うほか、CD購入者限定のシークレットライブも開催。

「ステージで歌っている時と、喋っている時とのギャップがすごいって言われます。歌うと大人っぽく見られ、喋り始めると『5歳』って言われます(笑)」(HARUHIさん)

そんなギャップも含めて楽しめるライブ。ぜひ、足を運んで楽しんでみてはいかがでしょう。

【関連サイト】
「SMILE ON SUNDAY」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/smileonsunday/

『1998年の宇多田ヒカル』宇野維正が推す女性歌手(2016年05月14日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/05/1998.html

10代で楽器が弾けるのは1割 女性はドラムが人気?(2016年05月25日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/05/101.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP