ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スピルバーグの映画『Ready Player One(原題)』に、ドラマ『シリコンバレー』のT・J・ミラーが出演へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


米ワーナー・ブラザースとヴィレッジ・ロードショー製作によるスティーヴン・スピルバーグのSFスリラー映画、『Ready Player One(原題)』に、T・J・ミラーが出演することが明らかになった。ミラーは2014年にHBO製作によるITバブルのスタートアップを描いたTVドラマ『シリコンバレー』に出演した。

2011年に出版されて世界的にヒットしたアーネスト・クラインによるSF小説『ゲーム・ウォーズ』の仮想空間「オアシス」の世界に、ミラーはタイ・シェリダン、オリヴィア・クック、サイモン・ペッグ、ベン・メンデルソーン、マーク・ライランスらと共に参加する。作品の舞台は2044年、人類が現実世界よりも『オアシス』と呼ばれる仮想世界で生きることを望むようになった世界だ。

オアシス開発者の死後、その財産を巡って冷酷なライバルと争う若者役をシェリダンが演じる。ミラーはインターネットのフォーラムにおいて、炎上目的でメッセージを投稿する人物を演じる。

スピルバーグが監督する本作は、今月後半に撮影が始まる予定だ。またスピルバーグは、自身の製作会社アンブリン・パートナーズを通してドナルド・デ・ライン、クリスティ・マコスコ・クリーガー、ダン・ファラーらと共にプロデュースも担当する。

ミラーは『シリコンバレー』でアーリック・バックマン役を演じている。彼の主な出演作には映画『デッドプール』、映画『トランスフォーマー/ロストエイジ』、2016年12月9日に米劇場で公開される映画『Office Christmas Party(原題)』などがある。

ミラーはCAA、スリー・アーツ・エンターテイメント、ジャコウェイ・タイルマンと代理人契約を結んでいる。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP