体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『マツコの知らない世界』紹介の“包まない”キャベツシューマイつくってみた

『マツコの知らない世界』紹介の“包まない”キャベツシューマイつくってみた

4月19日に放映された『マツコの知らない世界』(TBS)で料理家の野上優佳子さんが、冷めても美味しい弁当にピッタリのおかずとして紹介した「キャベツシューマイ」が、あまりに美味しいとWeb上で大絶賛されていたのでつくってみましたよ!

【関連:マツコさん絶賛の「牛乳リゾット」 一足話題に乗り遅れ今頃つくってみたよ】

キャベツシューマイの材料

テレビで放映された材料は鶏挽き肉200g、玉ねぎ1/4個、生姜のみじん切り適量、酒と砂糖が小さじ1ずつ、醤油が小さじ2、片栗粉が小さじ1強、キャベツが2~3枚でしたが、別の編集部員が行った実験調理(記事化を決定する前に実際においしいかどうか調査する実験のこと)の結果によると「味がちょっと薄いかも……」ということだったので、4人前にアレンジするついでに以下の分量に調整してつくってみました。

【一度つくってみて調整を加えた分量】

鶏挽き肉  350g
生姜    適量
玉ねぎ   1/2
キャベツ  千切りになったもの1袋
塩     塩もみ用

酒     
片栗粉   それぞれ大さじ1
醤油    大さじ1.5
砂糖    小さじ1

■蒸す以外にレンチン版も試してみた

つくり方は簡単。ひき肉、みじん切りにした生姜と玉ねぎ、酒、醤油、片栗粉、砂糖をボウルに入れて混ぜます。キャベツはビニル袋に入れて塩もみしておきます。
混ぜたものをだいたい直径3センチくらいに丸めてクッキングシートに並べたら、上から千切りキャベツをパラパラと乗せていきます。フライパンに100ccほどの水を入れて静かにクッキングシートを入れて沸騰させたら蓋をし、弱火で12分蒸したら出来上がりというのがオリジナル。

全ての具を入れて肉だねをつくる
フライパンで蒸した

オリジナルの蒸し方と別に電子レンジ500Wで5分チンした時短版もつくってみました。なお、電子レンジでチンの場合はレンジで蒸す関係上水分の発生を考え千切りキャベツを肉だねの上下にまぶして行っています。

■下にキャベツを敷いてレンジでチンしたら1番簡単で美味しかった

結果、クッキングシートに水が入ってくるというトラブルはなかったものの、やはり肉汁がたくさん出てきてしまいました。クッキングシートのままお皿に乗せたらいいのですが、それでも肉汁がもったいない……。塩胡椒で調えたら良いスープになりそうです。

味の薄さについては、実験調理の時に薄いと分かっていたため調整しましたが、それでも濃い目好きな人にはまだ物足りないかもしれません。薄いなぁという時には、ポン酢などで味を調整してみてください。

オリジナル手順で蒸した物
1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy