ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

初の微糖缶コーヒーを生んだのは「ジョージア」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 現在、缶コーヒーの圧倒的トップシェアを誇るブランドは「ジョージア」だ。缶コーヒーが浸透しつつある様子を見て日本コカ・コーラは商品開発をすすめようとしたが、文化の違いもありアメリカの本社は発売に大反対。販促費が使えないなどの条件付きだったが、発売するや大ヒットを記録。そして現在、ジョージアを代表する商品は、1994年発売の「ジョージア エメラルドマウンテンブレンド」。

 新製品が現われては消えていく市場で、20年以上にわたりトップに君臨し続けるのは異例のこと。高級豆を使用し新機軸を打ち出したジョージアは、“エメマン”以外にも多くのヒット商品を送り出している。

 従来の甘いタイプとシェアを二分するほどに成長した「微糖」もジョージアによるもの。1995年発売の「Zotto」に、1997年、初めての微糖製品が投入された。2002年には微糖を押し出した「ヨーロピアンブレンド」が大ヒット。今後も業界の巨頭の動向に要注目だ。

※週刊ポスト2016年6月10日号

【関連記事】
炊飯器が付いたお弁当箱 炊くと同時におかずも温められる
BOSSが首位ジョージアを猛追の缶コーヒー市場 増税でも火花
売れた歌手は儲かる 高橋ジョージの印税収入は全盛期22億円

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。