ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

昇龍道エリアで日本の食文化にふれる旅をしよう!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

新しい観光ルートとして話題の「昇龍道」とは、能登半島の形が龍の頭に似ており、中部北陸地域の形が龍の昇っていく様子を思い起こさせることから名付けられました。

このエリアは、美しい自然や温泉、歴史的建造物など、観光名所がたくさんあります。そして、旅の楽しみとして欠かせない、おいしい食事!

そこで今回は、昇龍道エリアから、三重県の松阪牛、岐阜県の鮎、長野県の信州そば、石川県の和菓子をご紹介します。ぜひ、日本の食文化を体感する旅を楽しんでください! 〜松阪牛(三重県)〜

三重県を代表する有名な和牛の銘柄

古くから肉牛の産地だった三重県松阪市とその周辺地域の肥育農家が肉質の向上に努めた結果、松阪牛は高級肉として知られるようになりました。きめの細かいサシ(霜降り)と箸で切れるくらいに柔らかな肉質が特長です。

牛銀本店【三重県松阪市】

創業明治35年の老舗 味へのこだわりが脈々と受け継がれている名店。

「汐ちり」 味にこだわる老舗だからこそ選び抜いた肉が提供される

年代ものの木造二階建の店構えは、老舗の風格が感じられる

優れた味の名品「松阪肉」を楽しめる創業明治35年の老舗。しょうゆと砂糖で味付けしたすき焼きは、創業より培ってきた伝統の味。このほか、白しょうゆ、昆布だし、白コショウで味付けしたあっさり系のすき焼き「汐ちり」や、水だき(しゃぶしゃぶ)などのメニューも。厚切りの松阪牛ヒレ肉を炭火であぶる「あみやき」もお勧めです。歴史を感じさせる雰囲気のなかで、良質の肉を味わう贅沢な時間が過ごせるお店です。 牛銀本店

TEL/0598-21-0404

住所/三重県松阪市魚町1618

営業時間/11時~20時(オーダーストップ19時)

定休日/月曜日(祝日が月曜日の場合は木曜日が休業)

アクセス/伊勢自動車道 松阪ICより約15分

駐車場/40台(無料)

「牛銀本店」の詳細はこちら

〜鮎(岐阜県)〜

長良川の清流で育まれる鮎

岐阜県の長良川流域は、全国屈指の鮎の産地です。夏から秋にかけては、天然鮎のつかみ取りを体験したり、とれたての鮎料理をいただくこともできる食事処「やな」が川沿いに設けられ、清らかな水により育まれた新鮮な鮎を味わえます。

川原町泉屋【岐阜県岐阜市】

長良川近くの鮎専門店で郷土の味を堪能。

鮎の塩焼きは、ぜひ味わいたい。(1尾540円から)

「鮎らーめん(骨あり)」は、鮎のひらきが入った贅沢な一品。1215円(単品) 鮎をつかった様々な料理が楽しめるコース料理も。※写真は3240円コース

店がある川原町は、江戸時代に問屋町として発展。格子戸のある古い家並みが軒を連ねるなか、趣のある店構えの「川原町泉屋」

明治20年創業の鮎料理専門店です。店舗が鵜飼遊覧船乗船場に近く、乗船前後に鮎料理を味わえるほか、2日前までに予約を入れておけば、天然鮎弁当や鮎の塩焼きなどを観覧船に持ち込み、食事しながら鵜飼を楽しむことができます。友釣りで釣られた天然鮎を使ったコース料理以外に、鮎ピザや鮎ラーメンなどの珍しいメニューも用意しています。 川原町泉屋

TEL/058-263-6788

住所/岐阜県岐阜市元浜町20

営業時間/5月11日~10月15日(鵜飼開催期間中)11時30分~14時(LO)、17時~20時(LO)※鵜飼開催期間以外の夜営業は予約制となります。※繁忙期はお一人様3240円以上のコース料理(単品の場合は総額)でのご予約となります。

定休日/水曜日(7月・8月は無休)※冬季休業有り

アクセス/東海北陸自動車道 各務原インターより20分

駐車場/15台

「川原町泉屋」の詳細はこちら

〜信州そば(長野県)〜

そばの産地として知られる長野県の郷土料理

そばは厳しい気象条件の荒れ地で育ちます。信州は冷涼でやせた土地が多かったため、良質なそばの名産地として知られるようになりました。乾しそば(乾麺)は明治時代に長野市で誕生し、全国に広がりました。

長野市戸隠そば博物館 とんくるりん【長野県長野市】

そば文化を知るだけでなく、そば打ちも体験できる博物館。

博物館の展示。戸隠の地でそば文化がどのように定着したのかを知ることができる 館内の食事処では戸隠そばを味わうことができる。写真は「とんくるりん博物館 そば御膳」。ざるそばと、そばを使った料理が楽しめる。1545円

地元のそば打ち名人の指導がうけられる「そば打ち体験」。自分で打ったそばの味は格別

外観。食事処などもある

戸隠そばの歴史や日本のそば文化を紹介しています。ミュージアムでの展示物のほか、そば打ち体験道場では、地元の名人の指導のもと、そばを打つ一連の作業が体験できます。最後には、自分で打ったそばを食べることもできます。希少な戸隠産そば粉100%の二八そばや、そば御膳、そばがきなどの食事も楽しめます。 長野市戸隠そば博物館 とんくるりん

TEL/026-254-3773

住所/長野県長野市戸隠3018

営業時間/9時~17時

料金/博物館入場料 大人200円、中学生以下150円 ※そば打ち体験は3240円~。

定休日/第三水曜日

アクセス/上信越自動車道 長野インターチェンジから約1時間、上信越自動車道 信濃町インターチェンジから約40分

駐車場/普通乗用車 60台、大型バス 5台、車いす専用駐車場 1台

「長野市戸隠そば博物館 とんくるりん」の詳細はこちら

〜和菓子(石川県)〜

独特の和菓子文化が根付く加賀百万石の町

加賀百万石の文化が色濃く残る石川県金沢市では、歴代藩主が茶の湯に大きな関心を抱いていたことから、独特の菓子文化が根づいています。観光客向けに、和菓子の手作り体験プログラムを実施している観光スポットや和菓子店もあり、職人の技を体験することもできます。

石川県観光物産館【石川県金沢市】

老舗の和菓子職人から日本の技を学ぶ。

職人から上生菓子のつくりかたを丁寧に教えてもらえるので、初めての和菓子づくりでも安心 和菓子手づくり体験でつくることができる上生菓子(例)

金沢の名産品を集めた施設で、名店フロアでは和菓子や佃煮、海産物のほか、漆器、工芸品、加賀友禅、民芸品などを販売。和菓子手づくり体験も実施しており、老舗和菓子の職人が上生菓子の作り方を丁寧に教えています。また加賀百万石の菓子文化ギャラリー、加賀藩の芸能の振興に尽力した浅野太鼓を紹介するコーナーもあります。 石川県観光物産館

TEL/076-222-7788(代表)

住所/石川県金沢市兼六町2-20

営業時間/10時~18時(4月~11月の土曜日・日曜日・祝日と、8月~10月は9:00~18:00)※12月~2月火曜休館(年末年始除く)

和菓子手づくり体験/事前にホームページや電話で開催日時を確認・予約のこと。体験時間は約30分~40分。料金は1230円。

定休日/無休(12月~2月は火曜定休)

アクセス/北陸自動車道 金沢森本インターから外側環状線(山側道路)利用で約15分。北陸自動車道 金沢西インターおよび東インターから県道利用で約20分。

駐車場/真向い「県営兼六駐車場」を利用(普通車482台・バス12台収容可)

「石川県観光物産館」の詳細はこちら

※この記事は2016年6月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

泉質自慢の温泉併設、プラネタリウムなど….遊べる道の駅まとめ【東海】
【まとめてみた】編集部オススメ旅行スポット50選~宮城エリア~
サービスエリアの絶品グルメ2016・東海北陸道・北陸道編【岐阜・北陸】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP