体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

DIR EN GREY、ライブ映像作品発売記念プレミアム上映会の開催を発表

DIR EN GREYのライブBlu-ray&DVD『ARCHE AT NIPPON BUDOKAN』の発売を記念し、6月29日のリリース日に先駆けて東京、大阪、京都の3都市にて同作の映画館限定&特別編集スペシャルバージョンのプレミアム上映会が開催されることが決定した。
DIR EN GREY (okmusic UP's)
『DIR EN GREY ARCHE AT 日本武道館 特別編』と題されたこのスペシャルバージョンは、6月11日(土)から17日(金)までの1週間限定で、T・ジョイPRINCE品川、梅田ブルク7、T・ジョイ京都の3劇場にて1日2回上映。このためだけに特別編集された特別な映像を、大画面&大音響でじっくり味わうことができる、貴重な機会となりそうだ。なお、プレミアム上映を記念して来場者全員に限定ポストカードもプレゼントされる。こちらのデザインも気になるところ。チケット料金は一律2,000円。6月4日(土)から各劇場にて一般発売開始となるので、詳細は上映劇場のホームページにて確認してほしい。

また、1997年の結成以来、「痛み」をテーマに数々の作品を生み出してきたDIR EN GREYが、2007年12月に数量限定の完全生産限定盤として発表したベストアルバム『DECADE 1998-2002』『DECADE 2003-2007』以来となる「DIR EN GREY BEST ALBUM企画」を新たなプロジェクトとして発動することが解禁となった。新設された特設サイトにて発表される続報が気になるところだ。

また、7月27日にリリースされる最新シングル「詩踏み」のアートワークもついに解禁された。本作のアートワークは、イラストレーターやフォトグラファー、映像監督として世界的に活躍するMatt Mahurin氏が本作のために描き下ろしたもの。この印象的なアートワークから、1年7ヶ月ぶりとなる新曲をイメージしてみるのも面白いのではないだろうか。

なおDIR EN GREYは6月3日(金)、Zepp Nagoyaから最新ツアー『TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of VULGAR]』をスタートさせる。7月2日(土)の新木場STUDIO COASTまで続くこのツアーを終えた後も、彼らは9月16日(金)から再び次期ツアー『TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of DUM SPIRO SPERO]』を開始。こちらのツアーのチケットは、現在オフィシャルモバイルサイト会員限定先行予約、およびオフィシャルサイト先行予約を受け付けているので、ぜひこの機会に申し込んでおくことをオススメする。

Photo by 尾形隆夫

■「DIR EN GREY BEST ALBUM企画」特設ページ

http://direngrey.co.jp/special/bestalbum/

『DIR EN GREY ARCHE AT 日本武道館 特別編』
■上映スケジュール

2016年6月11日(土)~6月17日(金)

■開映時間

14:00 / 19:00

※各会場1日2回上映

<上映劇場>

・T・ジョイPRINCE品川

・梅田ブルク7

・T・ジョイ京都

<チケット>

一律 ¥2,000(税込)

発売日:各劇場にて2016年6月4日(土)より発売

※詳細は各上映劇場のHPをご確認下さい。

■来場者特典

オリジナルポストカード (15種・ランダム配布)

Blu-ray&DVD『ARCHE AT NIPPON BUDOKAN』
2016年6月29日発売

【初回生産限定盤】(2Blu-ray+1CD)

SFXD-0017~9/¥11,000+税

【通常盤】(1Blu-ray)

SFXD-0020/¥7,800+税

【初回生産限定盤】(3DVD+1CD)

SFBD-0066~9/¥10,000+税

【通常盤】(2DVD)

SFBD-0070~1/¥6,800+税

<収録曲>

〈ARCHE 2016.02.05 日本武道館〉

Un deux

咀嚼

Phenomenon

Cause of fickleness

濤声

輪郭

Chain repulsion

1 2 3 4次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy