ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

安曇野産のそば粉を使った二八そばが楽しめる「そば定食」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

6月2日放送の「歴史の道歩き旅」(テレビ東京系、午前07時35分~)では、山梨県甲府~静岡県興津へ縦断する「身延道」を歩きながら、甲斐の戦国武将にゆかりのある物や場所を探す旅の特集で、太川陽介さんが「武蔵屋」(山梨県南巨摩郡早川町)を訪れた。

JR・身延駅から車で50分ほどにある同店は、蕎麦や天ぷらが楽しめる蕎麦処だ。番組では、お店のこだわりのメニューとして「そば定食」が紹介された。安曇野産のそば粉を使った打ちたての二八そばのざるそばをはじめ、ウド、陸海苔、かき揚げ、さつまいもなどの天ぷら、山椒の葉の佃煮、手作りこんにゃくなどの小鉢、ごはんがついたボリュームのある一品が味わえる。

太川さんが「ざるそば」を食べると「美味い」と一言。「ものすごくいい具合の麺にコシとカドがあって、ものすごくカツオ節がきいていて美味しい」とコメントした。次に陸海苔の天ぷらを食べると「ちょっと粘り気がありますね、これは初めて食べたかもしれないこの粘り気は」と驚いた表情でコメントした。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:赤沢そば処武蔵屋(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:早川・身延・南部町のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:早川・身延・南部町×和食のお店一覧
暑い時期に食べたい!「梅干し冷やし中華」
下町の本格的なちゃんこ

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP