ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

減量した森永卓郎氏 脳卒中の発症確率が劇的に下がった!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 年齢、性別のほか、健康診断の6項目の数値を入力するだけで、10年以内に心筋梗塞・脳梗塞・脳卒中を発症する確率が算出できる──そんな画期的なシステムが開発された。

 国立がん研究センターと藤田保健衛生大学らの共同研究によるもので、ネットで藤田保健衛生大学のホームページ内のサイト(*注)にアクセスすれば、40~69歳の人なら誰でも簡単に自分の発症確率を知ることができる。

 そこで、ライザップCM出演で話題になった著名人2人にも算出してもらった。

●生島ヒロシ氏(65歳/フリーアナウンサー)
 168cm・63kg、降圧薬の内服なし、血圧120/80、糖尿病治療なし、血糖値120、喫煙なし、HDLコレステロール45、LDLコレステロール130、中性脂肪128

■心筋梗塞確率=2.1%
■脳梗塞確率=3.9%
■脳卒中確率=5.3%

「おふくろが心筋梗塞と脳梗塞をやっているので、遺伝的にはリスクが高いと思っています。親父のほうは胃がんと肝臓がん。それを思うと、この数値は生活習慣に気をつけてきた結果でしょうね。

 なにしろライザップを始める前は、悪玉コレステロールが160ぐらいありましたから。ライザップ後も筋トレを継続していますし、いまは有酸素運動も加えています」(生島氏)

 2人目は同じくライザップでダイエットに成功した経済アナリストの森永卓郎氏。森永氏には2013年の本誌記事でも脳卒中発症確率を調査させてもらった。その時の確率は12~15%だった。今回はどうか。

●森永卓郎氏(58歳)
 167cm・71kg、降圧薬の内服なし、血圧125/80、糖尿病治療なし、血糖値80、喫煙あり、HDLコレステロール80、総コレステロール120(※総コレステロール値があればLDLコレステロール値と中性脂肪値は不要)

■心筋梗塞確率=0.2%
■脳梗塞確率=2.4%
■脳卒中確率=4.8%

 前回に比べて各数値は大幅に改善している。前回の体重は86kgで「自分でも危険な状況にあることは自覚していた」(森永氏)のとは大違いである。

「やはりダイエット効果でしょう。ダイエットによって血糖値が劇的に落ちて、糖尿病が完全に治っちゃいましたから。以前は糖尿病治療のために毎朝注射を2本お腹に打って、馬に食わせるぐらいの大量の薬を飲んでいた。今は血液検査をやっても異常がひとつもないし、体調は絶好調です。

 ただ、タバコは吸っています。もし禁煙したら、脳卒中の確率はもっと下がるんでしょうね」(森永氏)

 ちなみに、ほかの項目は同じ数値のまま、喫煙の項目だけを「なし」に入力し直すと、脳卒中の発症確率は3.3%に下がった。

【*注】藤田保健衛生大学のホームページ内サイト
http://www.fujita-hu.ac.jp/~deppub/risk.html
※このサイトでは心筋梗塞と脳梗塞の発症確率診断のみ。脳卒中の発症確率は国立がん研究センターのサイトで診断できる。https://epi.ncc.go.jp/riskcheck/str/

※週刊ポスト2016年6月10日号

【関連記事】
心筋梗塞・脳梗塞・脳卒中 10年以内の発症確率わかるサイト
今後10年間の脳卒中の発症確率をある程度は予測できる計算法
コレステロール値がかなり高くても健康に問題はないとの新説

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP