体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

これからScalaを始める人に役立つヒント満載!『Scala大名の平成維新☆殿中でScala!』

LT1:「十人十色のScalaの始め方」

トップバッターはナイルの佐藤和輝さん。現在はApplivのマイクロサービス化&検索機能改善に携わっている。Applivは「アプリインストールを、もっと身近なものにする」をミッションに、2012年8月リリースされたユーザー参加型のスマートフォンアプリ発見サービス。国内版のほか、英語版も含め世界10カ国で展開している。

ナイルでは2015年3月にScalaの導入が決まり、5月には一部でScalaによる開発がスタート。8月にはScalaをテーマに開発合宿を実施し、10月からは本格的にプロジェクトにおいてScalaを使っているのだそう。

佐藤さんのLTでは、Scalaを始めたきっかけやScalaを始めるためにまずしたこと、ナイルのエンジニアがどんなことにつまずいたかなどが紹介された。

【CASE1】入社9年目のナチュラルボーンエンジニア

Scalaをはじめたきっかけ:1年前にScalaを使うプロジェクトがスタートしたこと
Scalaを始めるためにまずしたこと:使う予定のライブラリのチュートリアルの実施。そしてfor文が既存のものと違い、先入観でつまずいた
今からやるなら・やり直すなら:数学的基礎概念をたたき込んでからやりたい。今追いかけている。

【CASE2】プログラミングを始めたその場ののりと勢いで生きるS氏

Scalaをはじめたきっかけ:使う予定のライブラリのチュートリアル
Scalaでつまずいたこと:traitとか意味のわからない単語や記号がいっぱいで、しかもこれらの記号は検索できない
Scalaを始めるためにしたこと:まとまっている情報をまず見つけ、それを参考にhow to useをやっていたりしている

【CASE3】新卒入社後、すぐScalaプロジェクトに参加したM氏

Scalaを始めるためにしたこと:「Scala入門」で検索し、わかりやすそうな記事を探した
Scalaでつまずいたこと:関数型プログラミングの意味やノリやAkkaのActorシステムの使い方、for、forldLeft、reduceLeft、map、flatMapの使い方などにつまずいた
今からやるなら・やり直すなら:まずはmap、flatMapの意味を理解すること。そうすればScalaコードが書きやすくなるので、そこを人に聞きまくる。

いずれにしてもScalaの始め方は十人十色で、これがベストというものはない。ただ、まったく異次元の言語というわけではないので、自分と似たタイプの人を探して一緒に頑張れば上達が早いはず、とアドバイスをした。

☆☆佐藤さんの講演資料「十人十色のScalaの始め方」

LT2:「株式会社ドワンゴにおけるScala教育の現状」

2番目に登壇したのはドワンゴのScalaエバンジェリストの水島宏太さん。Scalaエバンジェリスト。Japan Scala Association代表理事を務めている。

ドワンゴでのScalaの立ち位置はメインの開発言語の1つで、ニコニコ生放送2やアカウントシステムなど、いろいろなところで使われている。

2015年度より新入社員研修にScala研修を導入。現在、ドワンゴではその研修で使用しているテキストの前半部分(Scala言語の基本が記載されている)を一般公開している。

ドワンゴオリジナルの、新卒エンジニア向けの研修資料

IntelliJ IDEAのバージョンアップ、Scalaのバージョンアップへの対応、非推奨機能の置き換えなどをしたりするなど、継続的なテキストのメンテナンスももちろんしている。

今は2016年度新入社員研修に向けて修正として、テストの章を加筆したり、練習問題の解答例の整備を行ったりしている。これからScalaを始めたいという人にとっては、ぜひ、参考にしたいテキストである。

☆☆水島さんの講演資料「株式会社ドワンゴにおけるScala教育の現状」

1 2 3 4 5 6 7次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会