体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

生粋の東京人が、食い倒れの街・大阪に移住して驚いた「コレが安い!」と「アレがない!」

f:id:Meshi2_IB:20160518130547j:plain

生まれて以来、東京で37年間を過ごし、おととし大阪へ転居することになった。一年半近くになった大阪暮らしの中、様々な場面でカルチャーショックを受けてきたが、やはり文化の違いを最も分かりやすい形で感じるのは「食」の分野だ。

「食」の分野、などと大げさに書いてしまったが、高級店には縁がなく、それに見合った味覚も持ち合わせていない私が行くのはもっぱらリーズナブルな居酒屋さんやラーメン店や定食屋さんといった類のお店ばかり。しかし、気軽に利用できるそれらのお店だからこそ、大阪の人々の本能のようなものが生々しく現れる、とも言える。

今回は、大阪初心者の私がこれまでの経験の中で感じた大阪ならではの食のアレコレについて紹介してみたいと思う。勘違いしている部分があったら大阪の方にツッコんでもらえたらうれしい。

たこ焼きが15個で100円である

大阪市此花区を歩いていたらこんな看板をみた。

f:id:Meshi2_IB:20160518130416j:plain

たこ焼き15個100円 7個50円

ふーんと思いながら通り過ぎて「えっ!?」と引き返した。15個100円って、計算によると1個6.6円ぐらいだぞ。

ホントだろうかと思いつつ入店してみると、小さな敷地にテーブルがひとつ置いてあり席は3つ。店内で食べることもできるが、持ち帰りで利用するお客さんがほとんどのようだ。

早速15個入りをオーダー。すぐにお皿に乗ったたこ焼きが運ばれてきた。財布から100円玉を取り出し、支払う。

f:id:Meshi2_IB:20160518130430j:plain

「外はカリカリ、中はふわふわ!」という感じではない。重力に身をまかせたペタンとした食感である。

だがそれが甘めのソースとあいまって絶妙な「駄菓子感」をかもし出してくれる。青のりもかかっているし、中にはちゃんとタコが入っている。そしてキャベツや紅しょうががたまに現れては素晴らしいアクセントになってくれる。

確かにチープな味わいではあるのだが、これはこれの美味しさがある。しかし大阪の安さに対する追求はこれだけでない。

うどんが120円である

たこ焼きも安いがうどんも安い。

JR京橋駅近くにある某店では「かけうどん」が120円で食べられる。これも最初に「うどん・そば 120円」という看板を見かけた時は心底驚いたものだ。

f:id:Meshi2_IB:20160518130443j:plain

店内は常に混雑しており、とにかく回転が速い。リズムに乗ってぱっぱっと食事して出ていくのがこのお店の混雑時の流儀であると思われる。

さっそく120円のうどんを注文してみると、この価格にしては十分すぎるほどのボリューム。

f:id:Meshi2_IB:20160518130456j:plain
1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。