ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

UVを99%カット!100%自然に還る「エコな番傘」が海外でブーム

DATE:
  • ガジェット通信を≫

いかにも海外で好まれそうな日本のアイテムーーと思いきや。それだけではありません。「The BRELLI」は、地球とお肌に優しい、世界で唯一の傘なのだとか。

晴でも雨でもいい気分♪

We haven’t had much rain lately, but I’m not complaining! ☂☀️ I love this umbrella or parasol from @thebrelli ! Not only will it stop the rain but it is 99% UV protective, too. #Brelli . You can get all the details by signing up with @liketoknow.it and liking this photo or you can paste this link into your browser –> . http://liketk.it/2obLG #liketkit @wendasikma @alibordt

Bellaさん(@bellabucchiotti)が投稿した写真 – 2016 5月 16 6:50午後 PDT

I have a feeling April showers are going to turn into May showers, but I’m not complaining. ☂ shop the cutest umbrellas @liketoknow.it www.liketk.it/2mDFq #liketkit

Life + Style by Dani McGowanさん(@mermaidwaves)が投稿した写真 – 2016 5月 1 1:10午後 PDT

Jamie Lee Curtis loves her #brelli! #rainorshine #regram @brelliumbrellas

AHAさん(@ahalife)が投稿した写真 – 2014 7月 17 9:31午前 PDT

We make the most amazing umbrellas for fashionable clients like you! What do you think of our Clear Collection? #Brelli #Fashion #Clear #Collection #Fun #Stylish #Ecofriendly #Luxury #With #Responsability

The BRELLIさん(@thebrelli)が投稿した写真 – 2015 11月 6 8:48午前 PST

Rainy day!!!

martacastellani84さん(@martacastellani84)が投稿した写真 – 2015 4月 27 6:09午前 PDT

100%生分解性の自然に還る傘

銅に張られているのは、バイオプラスチック製のクリアフィルター。カラーは以下のとおり、クリア、ピンク、グレーのほか、プリントがあるものが選べます。

骨は竹製で、糸にはオーガニックコットン、ろくろには天然ゴムを使い、そのすべてが微生物によって分解される「エコな傘」。しかも、最大風速約64km(40mph)まで耐えられる強いつくりに。

これまで、映画『トータル・リコール』に登場したり、レディー・ガガやジェイミー・リー・カーティスが購入したりとなにかと話題で、科学者の間ではもちろん、ファッションブロガーの間でも注目されている模様。本体価格は66〜115ドル(約7,000〜12,800円)で、それぞれサイズはいろいろ。

同社代表を務めるPamela Zonsius氏自身、日本の番傘から影響を受けていることを認めています。

「『the BRELLI』は、美しく伝統的な日本の番傘を参考にした、世界で唯一UVを99%カットできる傘です。日本のマーケットで展開できたら最高だと、ずい分前から考えていたんですよ」。

気軽に使えそうな見た目がイイかも。配送範囲はアメリカ国内に限られているようですが、詳しくはコチラからチェックしてみて!

Reference:bellabucchiotti,mermaidwaves,ahalife,martacastellani84
Licensed material used with permission by the BRELLI

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP