体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

雨の日も楽しく♪ “紙”でできる!デコビニール傘の作り方

雨の日も楽しく♪ “紙”でできる!デコビニール傘の作り方

もうすぐ梅雨の季節。ビニール傘を使うことも増えるけど、シンプルすぎてちょっと味気ない…。

 

そんなときは、自分でデコってアレンジしてみては?

 

なんでも、「デコパージュ専用液」という特別なノリを使えば、ビニール傘に色とりどりの“紙”を貼ることができるのだとか!

 

そこで、傘や小物などのデコり方を教えているデコパージュ教室「アムデコパージュ」の講師・かとうあゆみさんに、詳しくお話を聞くことに。

 

「傘に紙を貼るなんて『雨に濡れても大丈夫なの?』と思うかもしれませんが、デコパージュ専用液は、耐水性やコーティング効果がある特殊なもので、水を弾いてくれるんです。どんな紙でも使用可能ですが、ペーパーナプキンのような薄い紙や、『デコパージュペーパー』というデコレーション専用の紙を使うとキレイに仕上がりますね」

 

ということで、さっそく紙を使った“デコ傘”作りに挑戦!

 

材料は100円ショップですべてそろう!

 

まずは、材料集めからスタート。今回使った材料はこちら!

 

雨の日も楽しく♪ “紙”でできる!デコビニール傘の作り方

 

【材料】

A デコパージュペーパー

B ペーパーナプキン

C マスキングテープ

D ハサミ

E 液を塗る筆

F デコパージュ専用液

G ビニール傘

 

「材料はすべて、100円ショップでそろうものばかりです。ペーパーナプキンやデコパージュペーパーは、柄の大きいものと小さいものを用意しておくと、細い部分、面積の広い部分など、貼る場所によって使い分けができて便利です。『デコパージュ専用液』は、ダイソーの『オールマイティ』という種類が水に強く、コーティング効果が高いのでおすすめですね」

 

傘の持ち手は、総柄にしてインパクトをつける!

 

「まずは、傘の持ち手部分から始めましょう! 持ち手は、傘を閉じた時にも見えるので、総柄にしてインパクトを出すのがおすすめです。今回は、細かいチェック柄の上に動物のモチーフを貼ったデザインにしていきます」

 

雨の日も楽しく♪ “紙”でできる!デコビニール傘の作り方

 

【持ち手部分のデコり方】

 

①紙を1cm×1cm程の大きさにカットする

 

雨の日も楽しく♪ “紙”でできる!デコビニール傘の作り方

 

「持ち手のような曲線部分は、大きな紙を一気に貼るとシワができてしまうので、小さく切った紙を貼り絵のようにペタペタと貼っていきます。まずは、ベースとなるチェック柄の紙を1cm×1cmくらいのサイズにカット。動物のモチーフは、紙から切り抜いておきましょう。切り抜く時は、実際のイラストよりも2〜3mm大きめにカットして余白を残した方が、キレイに見えますよ」

 

②デコパージュ専用液を塗り、紙を貼る

1 2次のページ
スタディサプリ進路の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会