ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

目指せ背中美人!美しいSラインを実現する「究極ポーズ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


お腹のお肉に気を取られて、背中のことを忘れていませんか?私たちは前からだけでなく、後ろからも見られています。背中の筋肉も刺激して、美しいS字カーブを実現しましょう。今日もトレーニングスタートです!

1:両腕を前に出し、うつ伏せになる

お腹にバスタオルや座布団、まくらなどを入れると、胸から足までのラインが安定するのでおすすめ。キツくない姿勢を作りましょう。

うつ伏せになったら、足先から手先までが一直線になるよう、つま先と手先をピーンとまっすぐに伸ばします。

2:肘を引きながら、上体を持ち上げる

肩甲骨を寄せるように意識して、肘から両腕をうしろに引き、上体を持ち上げます。呼吸を止めずに、ゆっくりと持ち上げましょう。

限界まで持ち上げたら、10秒キープ。ゆっくりと上体と腕を元に戻します。

3:10回を目安に、ゆっくり丁寧におこないましょう

ゆっくりと「限界まで持ち上げる」ことを意識しておこないます。楽に持ち上がるところまでしか持ち上げないのでは、筋肉に刺激を与えることが難しくなるので注意してくださいね。上体を持ち上げるときは、肩だけを上げようとするのではなく、背中をまっすぐにして全体を持ち上げるように意識しましょう。

後ろ姿を意識すると、引き締まる

普段から、立っているとき、歩いているとき、座っているときの“後ろ姿”を意識してみましょう。「背中が丸まっているな」「肩が内側に入ってしまっているな」と感じたら、すぐに姿勢を正します。

せっかくトレーニングで引き締めても、姿勢が悪ければ美しくは見えません。逆に、美しい姿勢は体幹の筋肉を使いますから、キープすることで背中美人度をアップすることができます。

今日から背中もしっかり鍛えてくださいね。

Photo by fotolia

関連記事リンク(外部サイト)

女性ホルモン足りてる?フェロモン全開!モテ♡ボディのつくり方
艶感どころか脂性!?アラサー・アラフォーがしてはいけないNGメイク
働く女性が知っておきたい!仕事に効く「イメージづくり」
小尻と美脚を同時にGET!超簡単・3分エクササイズ
骨盤を知って痩せ体質に!意識して整える方法3つ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
美LAB.の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP