ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アマゾンジャパン、オリジナル作品の強化計画を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

happy-marriage

アマゾンジャパンは、同社の日本でのプライム・ビデオサービスで配信予定のオリジナル作品のリストを発表した。リストには、日本で製作するオリジナル作品12タイトル含まれ、これらの作品は、子供向け作品、歴史作品、コメディ作品、ドキュメンタリー作品と多岐にわたる。

アマゾンジャパンの代表取締役社長ジャスパー・チャン、米アマゾン・スタジオの代表ロイ・プライス、アマゾンジャパンのデジタル映像事業本部長ジェームズ・ファレルによって発表されたオリジナル作品ラインナップは、新たに発表された作品と、すでに発表されていた作品との混合リストだ。

プライスは、米アマゾンのオリジナル作品計画にとって、日本の市場は優先度が高いことを強調した。プライスは、「40本の新しいグローバルなオリジナル作品のうち、20本が日本のオリジナル作品だ」と、述べた。

プライム・ビデオサービスで配信予定の新しいドラマ作品の中には、真面目な高校生がテニス選手を目指し、試合を通じて想いをよせるクラスメイトに印象づけていくという人気の少年漫画が原作の『ベイビーステップ』(7月22日配信開始予定)がある。劇団ブラボーカンパニーの福田雄一が脚本、監督を手掛けたSFコメディ『宇宙の仕事』は、9月に配信開始予定だ。

『MAGI 天正少年使節と世界帝国』は、およそ4世紀前にバチカンに派遣された日本人の少年たちが任務を終え日本に戻ると、キリスト教の禁止が待ち受けていたという天正少年使節についての実話をもとにした歴史ドラマである。同作は、2003年に発売された美術史家の若桑みどりによる本が原作で、スペインとアジアで撮影が行われる予定で、2017年夏に配信開始予定だ。

子供向けのジャンルでは、クラシック作品である『仮面ライダー』と『ウルトラマン』の実写版スーパーヒーロー作品新シリーズが準備中である。また、キング・オブ・コメディである松本人志が司会を務めるお笑い番組を含むバラエティ番組や、日本の首都、東京を牽引する著名人を紹介する番組『Invisible TOKYO』を含むドキュメンタリー番組も配信予定だ。

以前に発表された作品の中には、6月22日配信開始予定の全12回のドラマシリーズ『はぴまり〜Happy Marriage!?〜』がある。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。