体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「家族のために働いているから決断できた」3カ月の育休取得を決意したワケ

――通信会社を経て、リクルートキャリアに入社した長尾悠は二人目の子どもが産まれたときに育児休暇を取得。男性の育休取得率がまだ2.30%(2015年 厚労省調査より)にとどまり、育休を取得する男性がまだまだ少ない中、なぜ長尾は育休取得を決意したのでしょうか。

f:id:carraria:20160530162613j:plain

長尾悠(ながお・ゆう) 

1982年・東京都生まれ。慶應義塾大学卒業後、新卒で大手通信会社に入社し、営業に従事する。入社2年目に転職を決意し、リクルートキャリア(当時リクルートエイブリック)に入社。入社後は、営業、マーケティング、営業企画を経験し、現在はリクルーティングアドバイザーとして、IT・Web業界を中心とした企業の中途採用支援に従事。2014年、第二子出産のタイミングで3カ月の育休を取得。2015年にはリクルートグループで優れた営業の取り組みを表彰する「TOPGUN」に選出される。

先輩の姿を見ているうちに焦りを感じるように

 

f:id:carraria:20160530163036j:plain

将来のことを考えるようになったのは、大学3年の就職活動を始めたころからです。それまではバンドを組んでライブをするなど、比較的自由に過ごしてきました。企業選びも「どうせ仕事なんてそんなに面白くないだろうから、絶対に倒産しない安定した企業で働こう」と思って、電気・ガス・水道、鉄道、通信といったインフラ業界を中心に受けて、最初に内定が出た通信会社に入社しました。

入った会社は年が離れた人が多く、良い意味でも悪い意味でも「日本の伝統的な会社」といった社風で、先輩たちを見ているうちに「自分も将来、こんな感じになるんだろうな」っていうのがわかってくるんですよね。会社の不満を言っている先輩の姿を見て、なんとなく不安や焦りを感じるようになりました。

そこで2年目のときに転職を考えるようになり、リクルートキャリアに転職希望者として登録したんです。もともと働く人のメンタルケアに興味があったので、最初は人事系の仕事を探していたんですが、いろいろと職種を調べているうちに、「転職の相談に乗るキャリアアドバイザーであれば、仕事の悩みを抱えている人の力になれるんじゃないか」「1週間のうちの5日間、1日のうちの半分という長い時間を仕事に費やすのであれば、仕事を楽しめないと人生損しちゃう。仕事を楽しんでいる人が多い会社で働きたい」と思うようになり、リクルートキャリアの選考を受けて、入社しました。

家族と向き合う時間を作るために育休取得へ

f:id:carraria:20160530163240j:plain

育児休暇をとりたいと思ったのは入社8年目のとき。二人目の子どもができたタイミングでした。当時は本当に仕事が忙しくて、土日しか家族と一緒に過ごせない状況が続いていました。「なんのために働いているんだろう」と悩むこともしばしばありました。実は、「もっと忙しくない仕事がいい」と思って転職活動をしていた時期もありました。

そんな状況下でいろいろ考えて思ったのは、やっぱり僕にとっての働く理由は「家族のため」であるということ。死ぬまで家族と平穏に楽しく暮らす、これが人生の目的だと思ったんです。そのためにはある程度お金を稼がなければならないし、今日会社をクビになったとしても、明日から別の会社に雇ってもらえるような力を付けていなければならない。

1 2次のページ
carrariaの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。