ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

絶好調日本テレビ 『笑点』『24時間テレビ』を繋ぐ編成の妙

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 視聴率争いを独走する日本テレビの勢いが止まらない。今年度に入ってから全ての週で視聴率3冠王を獲得(5月第4週現在。ビデオリサーチ調べ、関東地区。以下同)し、月間視聴率でも30か月連続の3冠王に。特に日曜日は17時台の『笑点』から22時台『おしゃれイズム』まで2ケタ視聴率を叩き出し、他局を圧倒している。

 5月に50周年を迎えた『笑点』は司会の桂歌丸が勇退し、新司会者発表となった22日の放送では27.1%(第2部)という近年稀に見る高視聴率を記録。翌週も28.1%と高い数字を獲った。この背景には、日テレの編成上の作戦があったようだ。視聴率に詳しい芸能記者が話す。

「局全体で、ひとつの番組を盛り上げる編成上の作戦が見事に功を奏しました。22日の週には、16日の月曜『しゃべくり007』、17日の火曜『火曜サプライズ』、前日21日の土曜『嵐にしやがれ』という人気番組に笑点メンバーが出演し、順に15.5%、12.5%、11.9%と高視聴率を出した。この3番組を含め、計21番組でコラボレーション。勇退当日の『シューイチ』は歌丸がインタビューに答え、10.2%と2ケタを出した。

 普段は滅多に他番組に出演しない笑点メンバーの希少性が、それぞれの番組に数字をもたらし、『笑点』自体の宣伝にもなるという理想的な形でした」

 2006年、5代目三遊亭円楽が司会から勇退し、歌丸にバトンを受け継いだ時は、新回答者の春風亭昇太も同時に発表されたが、今回は22日の放送では新司会者が昇太になるという公表だけに留まり、次週に持ち越しとなった。これも、日テレの作戦のひとつだろう。

「新司会者発表でひとヤマ、次週に新回答者発表でひとヤマと二つのヤマを作ったことで、2週にわたって25%以上をキープできた。ただ、新回答者の林家三平は事前の予想通りという声もあり、それほどの意外性はなかった。そこに、林家たい平の『24時間テレビ』のマラソンランナーというサプライズを持ってきた」

 このマラソンランナーへの起用は、複数の波及効果を生むと予測される。ひとつが、歌丸が抜けた後の『笑点』の視聴率維持だ。

「日テレは、たい平をマラソンランナーにすることで、『笑点』の視聴習慣を途切れなくさせる作戦を取ったのでしょう。正直なところ、歌丸が抜けることで今後の視聴率低下を危ぶむ声もある。

 そこに、毎年注目を集め、高視聴率を叩き出す『24時間テレビ』のマラソンランナーにたい平がなったことで、ひとつのドラマができるし、大喜利のなかでイジるネタにもできる。たい平をマラソンランナーにすることで、8月までその話題で引っ張れる。3か月間、視聴習慣を保てれば、その後急に下がることは考えづらいでしょう」

 もうひとつは、『24時間テレビ』への影響だ。昨年の視聴率15.4%、募金額8億5672万8209円はともに、過去10年で最低の数字だった。

「起爆剤に、毎週高視聴率を記録している『笑点』メンバーのたい平は適任です。今後、毎週のように自然と24時間テレビのマラソンネタが出るでしょう。否が応でも視聴者の頭にはそのことが残りますから、最も効率のいい宣伝になります。

 あからさまに番組宣伝で出てくるようなケースとは異なり、視聴者は宣伝だと感じにくいし、両番組が良い意味で持ちつ持たれつの関係になっている。日テレの編成は俯瞰して、上手く全体の番組を回している」

 ひとつひとつの番組が有機的に繋がっている日本テレビ。視聴率トップはまだまだ続きそうだ。

【関連記事】
安田美沙子と一緒にテニス&ランニングの「妄想デート」写真
田中みな実アナ 久保田智子アナのマラソン会不参加で苦境に
視聴率最高記録は『第14回NHK紅白歌合戦』の81.4%

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP