ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

坂上忍も絶賛の東大生 ナンパで受験用の度胸をつけた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 東大生のイメージというと、高校時代は誰よりも机にかじりついて勉強をしていた…といったものではないだろうか? しかし、イマドキの東大生は少し違うよう。親の役割は子供の「学びたい」というモチベーションを上げることとする子育ての論調も少なくない。

 そして、「いや、むしろそれだけが親の役割」と言うのは、今年、東大理IIIに入った針間貴己くん(19才)だ。

 彼は、試験難易度が都内でいちばん高いといわれる、中高一貫の男子高校『筑波大学附属駒場中・高等学校』(通称:筑駒)出身。偏差値90を叩き出したエリートだが、いかにもながり勉タイプの東大生(いか東)ではなく「本田圭佑」に憧れるイマドキの東大生(イマ東)。

「遊び、遊び、遊び、勉強」という割合のチャラい毎日が話題を呼び、『バイキング』(フジテレビ系)に何度も登場。辛口MCの坂上忍(48才)からは「東大生がコミュ障を克服しちゃって、最強じゃん!」と絶賛された強者だ。

 開業医の父と専業主婦の母に、東大合格のためにしてもらったことを聞くと、「ありません」と叱られてしまった。

「だいたい高校生にもなって親に頼ろうなんて間違ってますよ。勉強は自分でやらなきゃ意味がないですから。大学受験なんて人生に比べたらはるかに簡単な練習問題です。人生の目標をどう達成するかは難しいけれど、受験は受かるか落ちるかの2択。そういう意味では、人生よりもはるかに単純なことですよ!」

 そう話す針間くんの目標は、シリコンバレーで医療のベンチャー企業を立ち上げること。その「目標」ができたのは5才の家族旅行で貧富の差を目の当たりにしたからだという。

「シンガポールとドバイとケニアに行ったんですよ。その時ケニアの貧しさにハッとさせられました。ぼくみたいな子供にクッキーを恵んでほしいって言うほどに…。その原風景が目標への思いを高めています」(針間くん、以下「」内同)

 ちなみに針間くんの両親は、息子に多様性のある子供になってほしいと、海外旅行によく連れだって出かけていた。また自宅の本棚には、国内外、ジャンルを問わない本がたくさん並んでおり、針間くんは自然にそれらを手にとる環境にあった。

 しかし彼の記憶では、両親から「○○しなさい」と言われたことはない。唯一、「その道のいちばんになりなさい」とだけ言われ育った。お坊ちゃんで、小さな頃から「天才」と評判だったのに、公立の小学校に通っていたのも「両親の考え」という。

 そんな彼も遊びたい気持ちを抑え、やる気を持ち続けるのは簡単なことではない。しかし針間くんは、無意識にこんなことを実践していた。

●大好きな音楽と勉強をセットにする(音楽を聴きたいから勉強する習慣をつくる)
●宿題はキッチンタイマーで“制限時間”を設定(その時間内にできなかったら腹筋50回を罰として課すマイルールあり)
●ナンパで度胸をつける(受験はメンタル勝負。度胸をつけるため、とにかく街で外国人や女の子に声をかける)

「東大を目指す親御さんにできることはほとんどなくて、でもできることもある。それは“大丈夫”と言い続けること。こんなぼくでも受験が近づいてくると、さすがに緊張したり、不安になったりしました。でも“大丈夫”と言ってもらっているうちに、本当に大丈夫になってきたんですよね。無条件に信頼してくれているという想いがぼくを確かに強くしてくれました」

※女性セブン2016年6月16日号

【関連記事】
東大卒フリーライターが東大生独特の劣等感や悩みを記した本
【問題】「963 288 224 ? 64 24 8」?に何が入るか
現役東大・京大生がつくった脳トレパズル あなたは解ける?

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP