ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「カラダ歪んでない?」駅構内に登場した姿勢チェッカーに、人々の足が止まる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

重い荷物をどちから一方の肩にかけたり、利き手でばかり荷物を抱えていたり。昔から、姿勢がゆがむ原因のひとつに挙げられているのは、周知の事実ですよね。

自分の歪んだ姿勢をセルフチェックするために、ストックホルムの地下鉄構内に、こんなデジタルサイネージが現れました。

モバイル世代の4人に1人が
重い荷物に苦しんでいる

動画によると、スウェーデン人のじつに4人に1人が日々重い荷物を持ち歩きすぎていて、主に腰痛や首筋、背筋の痛みなどの不調を訴えているんだそう。

パソコンもタブレットも、何でも携帯して持ち運びができる時代。周辺機器も詰め込んだバッグが重くなるのは当然のこと。モバイル端末の詰め込みすぎが原因となる体の歪みは、もはや現代病という他ないのかも。

一人の男性がデジタルサイネージの前に立ちました。自分の体がボードに映るとスキャン開始。足元のキネクトが彼の動きを捉え、傾きを発見すると赤くアラートを出す仕組みです。ちょうどこんな感じに。

姿勢の専門家が
一からアドバイス

ボードの前には、カイロプラクティックの専門家が常駐し、人々の歪んだ姿勢を矯正するため、細かなアドバイスを送ります。

バランスをとりながら、正しい姿勢を意識していく男性。


男性も、女性も、みなどこかに歪みを抱えているのが丸ハダカに。そして、初めて知る体に無理のない荷物の持ち方。

もちろん、正しい持ち方をするのが歪み矯正には一番。さらには、重いものを持たないことも重要だと動画は締めくくります。

たとえばモバイル端末を極限まで軽いものにするとか……。というところで種明かし。じつはこれ、マイクロソフトから発売中「Surface Pro 4」の軽量さを謳った、プロモーションと体の歪みの実験を兼ねた動画なんです。

軽くて、体に負担もかけない。メッセージングの巧さが光るプロモーションだと思いませんか?

あなたも歪んでるかも?

もしかしたら、あなたも後ろから見ればこんな格好をしているのかも。体の歪みを意識することって、なかなか難しいものですよね。ストックホルムのモバイルネイティブたちも、きっとボードに映し出される自分の姿を見て、驚いたに違いありません。

Licensed material used with permission by 日本マイクロソフト株式会社

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP