ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【便利】「糸で切る」を、ちゃんと覚えよう!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ケーキを切っていたら、生地がつぶれてクリームがはみ出してしまったり、ゆで卵を切ろうとしたら黄身がボロボロになったり……。包丁でうまく切ることができない食材ってありますよね。

そんな時は「糸」を使えばキレイに、かつスピーディに切ることができます。よく知られた方法ですが、あらためて実践してみましょう!

用意するのは糸だけでOK!
キレイに切れる理由

糸を使うとキレイに切れる理由は、食材全体に均等に圧力をかけることができるため。食材に糸を巻きつけることで360度全方向から力がかかるため、食材がつぶれることなく切ることができるのです。

包丁を使うと上から押しつける力しかかからないため、下にある食材ほど、どうしても潰れてしまいます。

糸を使った切り方

たった3つのステップでキレイに切ることができますよ。

①糸の上にケーキを置く
②糸をケーキの上でクロスさせる
③ぎゅっと引っ張る

ご紹介した方法で、ハンバーガーやサンドイッチ、シュークリーム、ゆで卵だってキレイに切れるからおどろきです。包丁よりも手早く切れて、さらに、洗いものの時間もかからないのでスピーディ。もうケーキの取り分けで手間取ることはありません。

ちなみに、タコ糸などでも切れるのですが、少し太すぎて切り口が粗くなるので、ミシン糸などなるべく細い糸がおすすめです。切りにくい食材は糸を使って美しく切り分けてくださいね。ぜひお試しください!

フードクリエイティブファクトリー
「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を企業理念とする食のクリエイティブに特化した企画制作チーム。食の企画、レシピ・商品開発、執筆、メディア出演、イベントなどを手がけています。

関連記事リンク(外部サイト)

ちょっとリッチな朝ごはん「モンティクリスト」 Instagramに投稿が溢れる!
料理レシピをTATTOOシールにして「手首に貼る」という、イタリア人的発想がナイス!
カラフルな「レインボーチーズトースト」が密かなブーム!?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP