ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

冨田勲「惑星」は“宇宙空間に放り出されるような音”

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE月曜−木曜朝6時からの番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「MORNING CLASSIC」。クラシックソムリエ協会・理事の田中泰さんのセレクトで、とっておきのクラシックを紹介するコーナーです。今週は、日本を代表する作曲家、シンセサイザー奏者の冨田勲さんを特集しています。

最終日となる6月2日のオンエアでは、シンセサイザーアルバム第4段「惑星」から「木星」をお届けしました。この曲が発表されたのは1978年でした。

「当時は、未来的なサウンドがLPレコードに収められていたことを思うと、冨田勲の先進性と、時の流れの大きさを、改めて感じます。従来のステレオサウンドをさらに発展させた特殊効果によって、宇宙空間に放り出されるような音体験が大きな注目を集めた話題作でもあります」(田中さん)

ちなみに、東京ディズニーシーのアクアスフィアを含む「ディズニー・シー・プラザ」に流れる音楽も、彼の作品だそうです。世界を魅了したシンセサイザーの音色は、全く色あせることがありません。

後半は、今日という日に向き合う力を与えてくれる、瀬戸内寂聴さんのお言葉を紹介しました。今日のお言葉はこちら。

「人間ですから選択を誤ることもあります。しかし、失敗や後悔を繰り返しながら、自分の知恵が進むのです」

どんな人でもミスはしてしまうものですが、失敗から学びつつ、一歩ずつ前に進みたいものです。上質なクラシック音楽と、今日の活力になる言葉を紹介する同コーナー。来週もお楽しみ。

【関連サイト】
「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/index.html

東京の朝にふさわしい名曲と、瀬戸内寂聴さんからのありがたいお言葉!(2016年04月04日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/04/post-1314.html

シンセサイザー奏者・冨田勲さんの偉大な功績(2016年05月25日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/05/post-1642.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP