ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

少人数制の料理合コンで聴きたい曲

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ミュージックソムリエ協会では、「こんな時に聴きたい音楽!」ということで、日常のヒトコマで、ふっと聴きたい音楽を選曲しました。選曲はすべて、ミュージックソムリエ(http://musicsommelier.jp)によるもの。
今回は、「少人数制の料理合コンで聴きたい曲」をテーマに選びました。いろんな合コンがありますが、お料理を作りながらするものも世の中にはあるようです。料理の手際の良さや、作るだけではなく片付けなど、気配りが出来るか?を見極められそうな料理合コン。楽しい雰囲気にあう5曲をどうぞ。

1.「魔法の料理〜君から君へ〜」/BUMP OF CHICKEN
少人数でアットホームな料理合コンには「魔法の料理〜君から君へ〜」のような、家族を意識する楽曲はいかがでしょうか。

料理は毎日の生活に欠かせないものであり、男性からすると結婚を意識する上でかなり重要なポイントなんだそうです。この料理合コンで毎週末一緒に料理をするような、未来の旦那様と出会えたら素敵ですよね。当たり前の毎日。そんな当たり前の日々をつまらなく思う日もあれば、長い年月を一緒に過ごし、当たり前がどれだけ幸せなことなのかと分かる日まで人生を、この料理合コンで出会った人と共に歩んだりして。

(選曲・文/和久井 直生子)
https://www.youtube.com/watch?v=MVVQynaCOYg

2.「やさしいうた」/丸本莉子
優しい気持ちになれる曲を聴きながら作れば、料理にも優しさが浸み込み、より美味しいものができそう。ましてや料理合コン。笑顔がステキで、優しい雰囲気のある人だなと相手に思われてナンボです。そこでおススメしたいアーティストが、丸本莉子。彼女の歌声は、まるでカラッと晴れた気持ちの良い空のようです。そして、温かみがある歌詞とメロディーが、歌声を交じると、心が穏やかになります。日本の美しい風景が、パッと浮かぶような感じ。この曲を聴きながら、和食をつくれば、料理も人柄も魅力的にさせてくれること間違いなし。穏やかな気持ちで、新しい出会いを楽しめそうです。

(選曲・文/石井由紀子)
https://www.youtube.com/watch?v=5dR7vMVDwIU

3.「Prato Feito」/Toninho Horta
アットホームな雰囲気の中で、お料理を習いながらコミュニケーション。明るいオシャレなキッチンで行われる楽しい共同作業は、自然と距離も縮まります。そして、出来上がったお料理を一緒にいただくと、会話もはずみますね。さて、どんなメニューがいいかしら?

「プラット・フェイト(定食料理)」というタイトルのこの曲はブラジルのシンガーソングライターでギタリストのトニーニョ・オルタのインストゥルメンタル曲です。ジャズ・ギタリストのパット・メセニーはアメリカでトニーニョ・オルタに出会い、彼からかなりの影響を受けたとされています。そして1980年のアルバムに参加したのがこの曲です。またこの曲は、二人を出会わせた女性ギタリストに捧げられています。ちなみにプラット・フェイトは、ブラジルのレストランで出される定食料理で、フェイジョンという豆の煮込み料理とライスとサラダとお肉の料理がセットになったものだそうです。

出会いが生んだ素晴らしいコラボレーションは、どんな味がするのでしょうか。爽やかでリズミカルなギターサウンドでお料理も会話もはずみそうです。

(選曲・文/阪口マサコ)

4.「Haply-Happy」 /Moacir Santos
オーケー、料理合コンの意味は分かった。今日も一つ、おりこうさんになったな。料理の先生を交えた、調理実習のような合コンということですね。やはり一番気を使うのは司会進行を兼ねるであろう、料理の先生でしょう。そうだ、さっき検索して出てきた画像の先生。この曲はあなたに捧げましょう。料理合コンはランチタイムに開催されることも多いようです。明るい部屋で出来た料理を皆で囲むとき、楽しくリラックス出来るのでは、と思い、ほのぼのとしたダンス・ナンバーをチョイス。ブラジル生まれのマルチ・ミュージシャンによる74年作「SAUDADE」より。ヴォーカルは本人と奥さんによるもの。ボサノヴァとジャズが混ざり合ったおしゃれなサウンドに加えて、仲睦まじいデュエットまで。これが鉄板です、先生。

(選曲・文/旧一呉太良)

5.「At the Starcamp」 / UQiYO
鳥のさえずりが聞こえる中、テーブルにジャムの瓶やコップを置いていく音、そしてグラスに注ぐ水の音、遠くで聞こえる街のノイズ、やがてそれらがリズムになり、テーブルがキーボードになり、朝の柔らかい光が降り注ぐビルの屋上から音楽が奏でられる。音楽が奏でられる中、街は夕方になり夜になり、テーブルにはろうそくの温かい灯が灯される。UQIYOの初のミュージックビデオ「At the Starcamp」は、日々忙しく過ぎ去る都会の日常の中、テーブルから音楽が生まれる事も教えてくれる。隣り合う誰かといつかは毎日テーブルを共に過ごすのだろうか。そんな事を想像しながら参加すると、益々一緒に料理をするその場が楽しくなるかもしれませんね。

(選曲・文/麻布 さやか)
https://www.youtube.com/watch?v=vmhL_0OIyIQ

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP