ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アニソンシンガー・かなでももこが2年ぶりにバースデーワンマンライブを実施

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アニソンシンガー・かなでももこが2年ぶりにバースデーワンマンライブを開催することを発表した。

「NOeSIS 嘘を吐いた記憶の物語」をフルリメイク。5月下旬~6月上旬頃にスマホゲーム(iOS/Android)として「NOeSIS」の配信がスタート。同物語の主題歌「OSeINS」を手がけているのが、キャストの一人古宮縁を演じる声優としても登場中のアニソンシンガー・かなでももこ。彼女は、「NOeSIS」の物語を紐解く鍵にもなっている「OSeINS」の作詞も手がけている。同楽曲について、かなでももこはこう語ってくれた。

「主題歌の『OSeINS』は、佐藤聡美さん演じたメインヒロインとなる鷹白千夜と一夜の心情を軸に書きました。A/B/サビすべてに、もちろん1番から3番まで、物語に沿ったうえでの気持ちを歌詞にしています。ぜひ、謎を秘めた物語を解明するヒントとして触れていただけたら嬉しいです」

かなでももこは、6月20日に誕生日を迎えることから、2年ぶりにバースデーライブの開催を発表。それが、6月11日渋谷VUENOSを舞台に行う「momoko’s Birthday 2016」と題したワンマンライブになる。昨年の誕生日当日は、さいたまスーパーアリーナで行われた「KING SUPER LIVE 2015」へ出演(Blu-ray/DVD発売中)。自身には至福の経験にも繋がる最高の誕生日プレゼントになったが、本人の心の中には、「応援してくれるファンのみんなと一緒にバースデーライブをしたい」気持ちが強くあったことから、今年は「『KING SUPER LIVE 2015』で声優さんやアーティストの方々が歌った楽曲を、私が生バンドを背景にカバーするよ」と宣言。「KING SUPER LIVE 2015」で歌われたカバー曲を軸に据えたワンマンライブを行うことを発表した。気になるのが、“歴史に残り続ける名曲”たちの中から、どんな楽曲がセレクトされるのか!?。本人は、以下の言葉を寄せてくれた。

「名曲ばかりが歌われていた「KING SUPER LIVE 2015」だったからこそ、なるべく多くの出演者さんたちの楽曲を歌いたいなぁと思っています。でも、「外せない名曲」ってあるじゃないですか。そういう場合は、同じ歌い手の方でも2曲選ぶかも知れないし。男性シンガーの方もイベントには出演していたように、男性曲にもチャレンジしたいなと思っています」

かなでももこの初ワンマンライブが、同じく2年前に行われたバースデーライブ。そのときも、彼女が所属していたレーベル「スターチャイルド」の歴史を担い続けてきた曲たちを軸にカバー披露してくれた。本人も、「毎年バースデーライブは、大好きなアニソンのカバー曲を中心に、オリジナルソングも組み込みながら歌っていけたらな」と語っているように、カバー曲中心というスタイルが定着しそうな予感も。

同じく恒例行事と言えば、かなでももこは”すべてのワンマンライブの舞台上で号泣”し続けてきた。中でも、初ワンマンのときには、ステージに上がって歌いだしたとたん感動のあまり泣き崩れ、いきなり歌えなくなった「伝説」も残している。本人は、「毎回“泣かないぞ”と決めてステージに臨めば、次のバースデーワンマンだって泣くつもりなんか微塵もないんですけど、いっつも感極まっちゃうんですよねぇ。でも、今回も泣く予定はないですから」と語っているが、”感動しぃ(涙腺が緩みがち)”な彼女だけに、この日のステージでも何処に「泣き崩れる場面」が登場するのかも、本人には申し訳ないが、観る側の期待として持ってしまうこと。

6月11日は、フルリメイクされたスマホゲーム「NOeSIS 嘘を吐いた記憶の物語」の配信が始まって間もない時期だけに、「OSeINS」を、この日初めてフルバージョンで聞けるのか。その期待も含め、かなでももこのバースデーワンマンライブに足を運んでいただけたら幸いだ。最後に、彼女からのひと言を載せておこう。

「私のバースデーワンマンライブを迎える頃には『NOeSIS』の配信もスタート、私も声優アーティストの仲間入りを果たしている時期になります。この日のワンマンライブは、「KING SUPER LIVE 2015」で披露していた楽曲の中からセレクトしたカバー曲たちや私のオリジナルをたくさん歌うつもりのように、みんなとハッピーな時間をライブハウスという空間の中へ作り上げたいなと思っています。どんな曲を歌うのか気になる方は、発売中のLIVE DVD/Blu-rayで予習しといてください(笑)。私自身この日をすごく楽しみにしていれば、みなさんにとっても最高の1日になれるようにいろいろ準備をしてるので、期待して足を運んでください」

TEXT:長澤智典

ライブ情報
「momoko’s Birthday 2016」
2016年6月11日(土)
渋谷VUENOS
チケット前売り 4000円(税込)※別途ドリンク代必要
チケットのご購入はコチラ
バンドメンバー
Guitar:Mucho Gracias
Violin&Keyboard:Rookie Fiddler
Bass:Toshi
Drums:Hiroshi Ishikawa
(元ヴィジュアル系バンド“A(エース)”のメンバーたち)

関連リンク

かなでももこ オフィシャルサイトhttp://paselabo.tv/artist/kanade/
かなでももこ スターチャイルドサイトhttp://www.starchild.co.jp/artist/kanademomoko/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP