ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

メタリカのニューアルバムは完成間近、ラーズが明かす

DATE:
  • ガジェット通信を≫


メタリカが10枚目となるスタジオアルバムをこの夏に完成させるべく、順調に作業を進めているようだ。しかしながら、ファンの耳に届けられるのは来年になる可能性も無きにしも非ずだという。

 ヘヴィメタル/ハードロック専門誌“Metal Forces”のインタビューでドラマーのラーズ・ウルリッヒは、カリフォルニア州サンラファエルにあるスタジオ“Metallica HQ”にてタイトル未定のアルバムをレコーディングしており、完成間近だと話している。同アルバムは2008年の前作『デス・マグネティック』でエンジニアを務めたグレッグ・フィデルマンがプロデュースしているそうだ。

 ウルリッヒは、「クリエイティブなプロセスはそろそろ終わりに近づいていて、このレコードをどうやって世界にシェアするかを考え始めているんだ。6月は基本的に、このレコードを何と呼び、何を収録するか、といったこと全てをじっくり考える時」と語っている。

 また、「グレッグ・フィデルマンは去年の夏から毎日ずっと、このレコードにかかりっきりさ。彼はめちゃくちゃイイ仕事をしていて、起きている時間はほとんど、このレコードのエンジニアおよびプロデューサーとして俺たちをサポートしてくれているんだ」と加えたウルリッヒ。同アルバムを2016年中のリリースと考えたいものの、約束はできないとも語る。

関連記事リンク(外部サイト)

メタリカ 初期2作品をアナログ&CD&DVDの豪華仕様で規格外リイシュー、レコード・ストア・デイ限定商品は仏バタクラン公演のライブ・アルバム
メタリカ、パリのバタクラン劇場で亡くしたプロジェクト・マネージャーを追悼
メタリカがNBAファイナル試合前に米国国家を斉唱! 映像公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP