ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

モデル・ラブリが編集長を務める新しいスタイルのWEBマガジンがスタート!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 本日6月2日、「Girl’s Book Stand」より、モデルのラブリさんが編集長を務める読者とのコミュニケーション型webマガジン「KILIG」の配信がスタートしました。

「KILIG」とは、ラブリさんの母親の故郷フィリピンの公用語、タガログ語で「めまいを感じて身震いすること、ドキドキすること」などを意味します。コンテンツには、ラブリさんのTVや雑誌では伝えきれない魅力、私服コーディネート画像や美容トレーニング法、動画の配信に加え、読者からの質問に答えるコーナーなど、多岐にわたるカテゴリーが用意されています。

 さらにスペシャルコンテンツとして、ファンとのコミュニケーションを沢山取りたいというラブリさん本人の希望から、「会員限定イベント」の実施も決定。遠方で参加できない方のためには10分間のskypeによる「会員限定ファンチャット」を月に1回行うなど、コンテンツを配信するだけでなく、ラブリさんと読者との双方向のコミュニケーションが取れることを特色とした新しい形のメールマガジンとなっています。
 
 ラブリさんは、『ファンの子たちともっとコミュニケーションが取りたいし、もっと身近な存在として感じて欲しいと思っていたので、こういった場を用意する事が出来て、私自身本当にドキドキ楽しみにしています。ファンの子と一緒に素敵な場所にしていきたいな』とコメント。

 気になる方は、是非登録してみてはいかがでしょうか?

■webマガジン「KILIG」
URL: https://girlsbookstand.jp/magazine/top/loveli
配信頻度: 週2~3回(曜日不定期)
入会金: なし
会費: 月会費 500円(税込)
支払: クレジットカード(PayPal)決済(順次、携帯キャリア払いも搭載予定)
発行元: 株式会社博報堂ケトル STOVEカンパニー

■関連記事
文芸誌『小説BOC』創刊! 朝井リョウ氏、伊坂幸太郎など豪華執筆陣が勢揃いするイベントも開催へ
「本屋大賞2016」受賞作、宮下奈都さん『羊と鋼の森』、タイトルの由来とは?
【本屋大賞2016】宮下奈都さん『羊と鋼の森』に決定!!

BOOKSTANDの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP