体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

バラエティ餃子のフルコース!?【さんあい亭】

f:id:mesitsu_lb:20160411174455j:plain

焼き・茹で・スープで全17種類!

博多の隠れた名物に「ひとくち餃子」があるっていう話は以前にもしたけれど、今回紹介するのは、いろんな種類のバラエティ豊かな餃子を出す、今年で創業21年目になる餃子の店「さんあい亭」だ。

個性的な飲食店が多い西鉄平尾駅エリアにあって、仕事帰りのサラリーマンなどで賑わう一軒である。

一般的な「博多ひとくち餃子」は、焼餃子に加えてせいぜい水餃子、スープ餃子がある程度。「さんあい亭」もベースは「焼き」「茹で」「スープ」の3種類なんだけど、そのバリエーションが豊富で、なんと全部で17種類。せっかくなので、いろんな餃子を試してみたい。

f:id:mesitsu_lb:20160411174504j:plain

しっかりと蒸し焼きにされる「焼餃子」。片面はこんがりと焼かれ、香ばしい仕上がりに。

まずは、基本の焼餃子。この店の焼餃子2トップは「ぷんぷん餃子」「さわやか餃子」。別に怒りん坊青春小僧がいる訳ではない。「ぷんぷん餃子」は生ニンニク入り、「さわやか餃子」は茹でて匂いを消したニンニクを、量も控え目にして使っているそう。要はニンニクの匂いを憚る営業マンや女性にも気を使ってるということだ。実際、平日は「さわやか餃子」、週末は「ぷんぷん餃子」がよく出るという。

「やっぱりニンニクが効いてた方が旨かでしょう」と店主の八嶋重正さん。もちろん、他人の迷惑など気にしない僕は「ぷんぷん餃子」をオーダー。片面しっかり、片面しっとりと焼かれた餃子はビールとの相性もばっちりだ。

f:id:mesitsu_lb:20160411174512j:plain

焼餃子は1人前8個390円(写真は2人前)。

家族で重ねた試行錯誤

そもそも八嶋さんが餃子屋を始めたのは、お兄さんの薦めがあったから。大阪で餃子づくりを習ったお兄さんから作り方を教わった。ところが、

「これが納得のいく味じゃなかったとですよ!」

そこから八嶋さんの試行錯誤が始まった。それまで料理の経験などなかった八嶋さんだが、いろんな店の餃子を食べ歩いたり、雑誌などで餃子の作り方を研究したり……。

f:id:mesitsu_lb:20160411174518j:plain

粒の細かな餡はなめらかな舌触り。

そんな八嶋さんを支えてくれたのは、奥さんだった。八嶋さんが試しに作る餃子を、文句も言わずに試食し続けてくれたという。「さんあい亭」の店名は、奥さん「三幸(みゆき)」さんの“三”と愛娘の「愛」さんからとったものなのだとか。店内には愛さんが描いた絵が飾られていて、なんとも家族愛が感じられる店なのだ。

f:id:mesitsu_lb:20160411174527j:plain
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy