ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

脳波を計測し“読み取った感情”をスマホに表示するコミュニケーションツール「I.am.here」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

I.am.here世界では、年間1500万人以上が脳などの卒中を患っており、その中の少なくない人数が、発話や運動機能、視力などに永久的な障害を残している。

これまでのように家族や友人とコミュニケーションを取ることが難しくなり、孤独になりがちである。

・目に見えない患者の感情を、シンプルなワードに“翻訳”してくれる

そんな問題を解決しようと、ロシアの卒中基金ORBiが中心となり、ソフトウェア開発会社Yarr!と広告代理店AdWatch Isobarとともに開発したのが、「I.am.here」というモバイルアプリ。

麻痺患者の脳の活動を計測し、彼らの感情を「幸せ」「退屈」といったシンプルなワードに変換して提示してくれるという。

・脳の活動をセンサーが計測

I.am.here2患者の脳波を測定するため、頭にはヘッドセット型のデバイスを装着する。

“Brain Computer Interface”というシステムが脳の活動データを集め、クリアなシグナルを抽出。

データは解析された後、スマートフォンやタブレットに送信され、集めた感情データを、モバイルソフトウェアがシンプルな言葉に変換し、スクリーン上に表示するという仕組みだ。

・30日間のコミュニケーション履歴を保存

I.am.here3アプリはiOS、Android両方に対応。これまでの履歴は見やすくグラフ化され、過去30日間のコミュニケーション履歴を閲覧することが可能。

突然の病で麻痺が残る身体となっても、人は人。現代のテクノロジーの力を借りながら、他者とコミュニケーションし、意思疎通がかなうという喜びは、患者と家族、双方にとって何物にも代えがたいものだろう。

I.am.here

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。