ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

初の冷温式自販機開発したのは1973年のポッカ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 昭和少年たちにとって、コーヒーといえば、甘くてマイルドな缶コーヒー。俳優・柴田恭兵のCMが印象的だった「ポッカコーヒーオリジナル」は、コーヒー飲料ではなく、よりコーヒー成分が多い、初の「コーヒー」規格商品。

 そしてポッカコーヒーといえば“顔缶”。1973年発売の2代目から採用された。絶妙なリニューアルを重ね、現在は13代目の“顔”だ。

 ほかにも、ポッカは大きな実績を業界に残している。まだ切り替え式だったが、1973年に初の“冷温式”自販機を開発したのもポッカなのだ。

※週刊ポスト2016年6月10日号

【関連記事】
世界初のミルク入り缶コーヒーは駅のホームで着想された
日本に進出したハワイの珈琲店 稀少豆を手軽に飲めると人気
進化するインスタントコーヒー 女性が牽引「短時間で本格的」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP