ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

磯野家30年後シミュレーション 世田谷の自宅相続税は?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 国民的テレビアニメ『サザエさん』一家の30年後をシミュレーションした新書『カツオが磯野家を片づける日』(著者は実家片づけアドバイザーの渡部亜矢氏)が話題を呼んでいる。

 舞台設定はこうだ。20XX年、アニメでは54歳だった波平が84歳で他界した。妻のフネは認知症の症状が出始め、磯野家はゴミ屋敷と化してしまう。そして41歳になって地方赴任から戻ってきた長男のカツオが“実家の片づけ”という難題に直面する。

 なお、サザエ(54)は実家近くにマイホームを購入。夫のマスオ(58)、長男のタラオ(33)とともに移り住んだが、ローンの支払いが苦しく、家計を支えるべくコンビニでバイトする毎日。

 定年目前のマスオは、大阪に住む実母が認知症を患ったためたびたび帰省せねばならず、磯野家に顔を出せない。結婚して2児の母となったワカメ(39)は職場復帰し、実家のことにはノータッチ。結局、独身のカツオが一人で実家の片づけを背負うという設定だ。

 家の片づけに加え、相続も難問だ。サザエは、「相続税ってお金持ちの話で、うちは関係ないんじゃないの?」と呑気に構え、カツオもそう考えていた。しかし、2015年1月の法改正が磯野家に立ちはだかる。

 改正前は相続する財産が「5000万円+法定相続人の人数×1000万円」まで、つまり磯野家ではフネ、サザエ、カツオ、ワカメの4人が法定相続人なので波平の財産が9000万円以下なら相続税がかからなかった。

 しかし、改正後はそれが「3000万円+法定相続人の人数×600万円」となったのだ。磯野家の場合5400万円を超えた分が課税対象となる。

 築50年のボロ家とはいえ、世田谷区にある磯野家の土地評価額は1億2000万円。「じゃあ、1億2000万円-5400万円=6600万円分に対する税金を払わなきゃいけないの?」とカツオは呆然とする。

 だが、磯野家には使える特例制度もいろいろある。

「ひとつは『小規模宅地等の特例』。330平方メートルまでの小さな宅地なら、相続評価額が8割減になる制度です。つまり1億2000万円ではなく、2400万円という評価額になる。

 また、フネは『配偶者の税額軽減』が受けられるので、1億6000万円までが非課税となる。磯野家の場合、波平の財産が預貯金、不動産などを合わせて1億6000万円以下ならば、フネさんには相続税がかかりません」(リーガル・アカウンティング・パートナーズ代表で税理士の水本昌克氏)

※週刊ポスト2016年6月10日号

【関連記事】
磯野家の30年後 カツオがチェックすべきは「波平の借金」
相続税改正 免除のボーダーラインは2800万円下がる
親やきょうだいと揉めずに実家を片づけるタイムスケジュール

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。