体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【連載】海外一人旅!初心者・女性にもおすすめの国はどこ?/第4回「ドイツ・ロマンティック街道のレトロ可愛い町へ」

ドイツ在住、TABIZINEライターの赤松春奈です。あなたは海外一人旅をしたことがありますか? 自分の予定が空いたときにふらりと行けて、誰に気兼ねすることなく自分の好きなことだけして気ままに過ごせる一人旅。この連載では、海外一人旅初心者の女性にもおすすめの旅先をご紹介していきます。

■人気関連記事
【お土産にも】知れば欲しくなる、「ドイツ発」世界の人気モノ
ドイツの国民的B級グルメ「カレーソーセージ」、なんと博物館もあるのです!
ドイツにはスパゲティーの形をしたアイスがあるらしい!?
【旅TIPS】ドイツ国内&周辺を「リーズナブル」に旅する方法
在住者が教える!これだけは覚えておきたいドイツ語超簡単フレーズ5選

一人旅初心者にもおすすめの行き先をご紹介する連載第4弾。今回ご紹介するのは憧れのメルヘン世界、ドイツのロマンティック街道です。

ドイツが海外一人旅におすすめな理由

【連載】海外一人旅!初心者・女性にもおすすめの国はどこ?/第4回「ドイツ・ロマンティック街道でメルヘンの世界へ」

比較的治安が良く、鉄道で国内移動がしやすいドイツは海外一人旅に不慣れな女性にもチャレンジしやすい国。公用語はドイツ語ですが、ドイツ語と英語が似ていることもあってか英語の通用度がとても高いのも魅力です。中世の面影を残した女性好みの街が各地に残っているドイツなら、一人でもどんどん探検してみたくなるはず。

【連載】海外一人旅!初心者・女性にもおすすめの国はどこ?/第4回「ドイツ・ロマンティック街道でメルヘンの世界へ」

メルヘンの世界・ロマンティック街道

【連載】海外一人旅!初心者・女性にもおすすめの国はどこ?/第4回「ドイツ・ロマンティック街道でメルヘンの世界へ」

ドイツの旅といえばやはり外せないのがロマンティック街道。「ロマンティック街道」とは、南ドイツの中心を縦断する街道で、およそ350kmにわたり28の街が連なっているドイツ観光の目玉です。ただし、ロマンティック街道の小さな街は鉄道が通っておらず交通が不便なこともしばしば。そこで、個人でも比較的アクセスしやすく見どころも多い3つの街をご紹介します。

マイン河畔の古都・ヴュルツブルク

【連載】海外一人旅!初心者・女性にもおすすめの国はどこ?/第4回「ドイツ・ロマンティック街道でメルヘンの世界へ」

ロマンティック街道の起点となるヴュルツブルクはマイン川を抱く古都。8世紀半ばにローマ司教座がおかれ、12世紀からは有力な聖職者がこの地を治めました。

【連載】海外一人旅!初心者・女性にもおすすめの国はどこ?/第4回「ドイツ・ロマンティック街道でメルヘンの世界へ」

18世紀に建てられた司教館、レジデンツはバロック建築の傑作で世界遺産にも登録されています。

【連載】海外一人旅!初心者・女性にもおすすめの国はどこ?/第4回「ドイツ・ロマンティック街道でメルヘンの世界へ」
世界遺産・レジデンツ

かのナポレオンが「ヨーロッパ一美しい館」と称賛したほどで、世界最大の天井フレスコ画やモーツアルト音楽祭が開かれるきらびやかな「皇帝の間」は圧巻。

【連載】海外一人旅!初心者・女性にもおすすめの国はどこ?/第4回「ドイツ・ロマンティック街道でメルヘンの世界へ」
高台にたたずむマリエンベルク要塞

1 2 3次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。