ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

見ごたえバツグン!宮崎・鹿児島の穴場な滝絶景9選!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

新緑萌える初夏到来!

せっかくこの時期にドライブへ行くなら、旬の楽しみを体験したいですよね。

それなら、マイナスイオンたっぷりの涼しげな滝絶景はいかがでしょうか◎

実は宮崎&鹿児島は滝の宝庫。一口に滝と言っても、ナイアガラ系、秘境系、滝近系などバリエーションは豊富にあります。そこで、編集部おすすめの滝スポットを9つご紹介します。

目で、耳で、肌で感じられる見ごたえバツグンの滝スポットへお出かけしてみましょう!

1.桐原の滝

大迫力!曽於八景の一つ。午前中なら虹のアーチも。

プチナイアガラ系。大小の滝が入り交じっている

5月は新緑が光に照らされ眩い

幅40m、落差12mの雄大な滝。滝に日の当たる午前中は、糸を引いて流れ落ちる水しぶきに虹のアーチが架かることも!滝壺近くまで行くことが出来るので、轟音と水しぶき、優しい風を間近に感じられ、マイナスイオンたっぷり。

滝Point!

霧島ジオパークのひとつです。自然との調和が美しく見応えがあります。

曽於市観光特産開発センター コーディネーター 児玉さん

桐原の滝(きりはらのたき)

TEL/0986-28-0111(曽於市観光特産開発センター)

住所/鹿児島県曽於市財部町下財部6473周辺

営業時間/見学自由

料金/無料

アクセス/車:東九州道末吉財部ICより25分

駐車場/10台

「桐原の滝」の詳細はこちら

2.関之尾滝

勇ましい轟音をBGMに滝や甌穴群と見どころ多彩。

関之尾の滝から甌穴群を巡る遊歩道。ゆっくり歩いて1周約30分

日本の滝百選の一つ。吊橋から見る大滝。風向きで水しぶきも飛んでくる

幅40m、高さ18mの大滝と、男滝&女滝の3つからなる関之尾滝。観賞のベスポジは滝の正面に設けられた吊橋。また滝上にある甌穴群(おうけつぐん)は世界でも珍しい規模の大きさで必見!

滝Point!

滝の歴史や伝説を交えながらガイドします。待っちょるけんの~。

ボランティアガイド関之尾むかえびとの会 末原さん

関之尾甌穴群。最大幅80m、長さ600m

新緑生い茂る遊歩道。滝や甌穴群に続いている

滝Point!

駐車場から滝まですぐ!無料でガイド(要予約)いたします~!

ボランティアガイド関之尾むかえびとの会 花原さん

関之尾滝(せきのおたき)

TEL/0986-37-3405(滝の駅せきのお)

住所/宮崎県都城市関之尾町6843-20

営業時間/見学自由

料金/無料

アクセス/車:宮崎道都城ICより20分

駐車場/100台

「関之尾滝」の詳細はこちら

3.布引の滝

緑の中に白布がはためくよう。高さ20mから落ちる「白銀の滝」。

遊歩道の終点には東屋があり、滝の展望スポットになっている

白銀(しらかね)坂の脇道にあり、地元では「白銀の滝」と呼ばれている。遊歩道を通りカーブを曲がった所で突然滝が現れ、遠くから見るとまるで真っ白な布がはためいているみたい!

滝Point!

龍門滝~板井手の滝までの遊歩道は距離にして約1km。歩きやすい服装で!

姶良市企画部商工観光課観光係 松元さん(左)、寺原さん(右)

布引の滝(ぬのびき)

TEL/0995-66-3111(姶良市商工観光課)

住所/鹿児島県姶良市脇元3090

営業時間/見学自由

料金/無料

アクセス/車:九州道姶良ICより10分

駐車場/10台(白銀公園)

「布引の滝」の詳細はこちら

4.龍門滝

鹿児島を代表する名瀑。ベスポジはパノラマ展望台。

日本の滝百選の一つ。水量が多い時は離れた展望台までも水しぶきが飛んでくることも

高さ46m、幅43mとほぼ正方形の美しい滝。観光スポットゆえ周囲は整備されていて、滝壺そばまで行ける遊歩道も。見上げる滝もイイけど、ベスポジは展望台。圧巻の滝絶景が真正面に!

途中でかわせみの滝も見られる!

夜はライトアップも!※毎日日没~22時くらいまで

夜はファンタジックな滝に大変身

龍門滝(りゅうもんだき)

TEL/0995-66-3111(姶良市商工観光課)

住所/鹿児島県姶良市木田5266-1

営業時間/見学自由

料金/無料

アクセス/車:九州道加治木ICより3分

駐車場/20台

「龍門滝」の詳細はこちら

関連記事リンク(外部サイト)

無料で大満足!0円で遊べるおすすめレジャー道の駅【関西・中国・四国】
【まとめてみた】編集部オススメ旅行スポット50選~奈良エリア~
【まとめてみた】編集部オススメ旅行スポット49選~三重エリア~

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP